快晴の今日

晩夏を想わせるカラッと晴れわたった空
歯科の帰り姉よりメール おはぎ取りに来て と
今年も秋彼岸をむかえました
あちこちに曼珠沙華 空を見上げると
欧州の色が広がる ここは東京日本

b0105259_20255142.jpg






















b0105259_20262457.jpg


[PR]
# by madamegrimm | 2017-09-21 20:28 | 私の詩 | Comments(0)

エリック・サティというフランス人作曲家

 久しぶりに新宿南口方面へ向かう。

あるところのポイントが貯まっているようで某CD店でエリック・サティを探してもらう。

強烈なベートーヴェンの熱情が流れていて、はてはて・・この演奏家はどなたであろうか・・・うむうむなるほどキーシンであられました。

そんな中、ブログ知人に触発されサティの『Socrate』というオーケストラ・声楽の入るバレエ曲を聴きたく調べてもらっている内に何と全曲(多分)入っている『Tout Satie!』を見つけてくださる。

まだ全部聴いていませんが前半にその目的の曲はあって、今かけています。

ピアノ曲は主に3人の弾き手が担当していて、街なかや店頭で時々サティの曲が聞こえてきていましたが何か無意識の中でふわ~と安らぎを与えてくれるサティの音楽にあらためて感じ入っています。

オンフルールというノルマンディ地方のオシャレな街に生まれたサティ。

b0105259_13324600.jpg
あらあら、また横向きになってしまっていて携帯カメラがどうも原因のよう・・・。

10枚入りのこちらのCD、もう少しサティを研究しましょう。

b0105259_12055147.jpg












[PR]
# by madamegrimm | 2017-09-20 13:38 | クラシックはお好き? | Comments(2)

台風去り後

台風去り後
フェーン現象 猛烈
急の摂氏33度 我が肉体には酷
ボーっと過ごす身体のリズム
掃除機もあっちむきこっちむき
近くに開店 まいばすけっと
98円餃子に期待をかけて
焼いてはみたもの ばらばらに
それでも一番搾り 活きてます
台風後のビールの幸せ

b0105259_17140895.jpg
本日の雲








[PR]
# by madamegrimm | 2017-09-18 17:15 | 私の詩 | Comments(4)

`Cezanne et moi’ 日本題「セザンヌと過ごした時間」を観る

渋谷の文化村へ向かう。

画家ポール・セザンヌと小説家エミール・ゾラの友情物語ですがこの二人が幼友達であったことを今回の映画によって恥ずかしながら初めて知りました。

上映まで時間があり、東急本店のいつもの4階キャフェ兼レストランでガレットとコーヒーを戴く。

b0105259_10120051.jpg
こちらの珈琲はポットに入れてきてくださるので2~3杯飲めて待ち時間があるときは助かります。

さて、映画『Cezanne et moi』ですが登場人物が前後して、始めはどの人がどの役・・・と少々混乱で(あー、予習がたりなかったなー)と久々のフランス語と訳字に追われ前半は早めのテンポ展開に戸惑いを。

徐々に引き込まれていく。

そもそもこの有名な二人まったく正反対の人間がそれぞれの個性をぶつけ合いながら12~3歳の頃の南プロバンス地方エクスでの蜜な友情が一生涯影響し合うドラマはやはり惹きつけられます。

監督は女性でダニエル・トンプソンと云う方。登場人物の女性たちが私にはうまく把握できず、主人公2人にスポットを当てた進行になっているように感じました。

1880年代後半のパリの画壇は混乱の最中をセザンヌは親から仕送りを絶たれ荒れ狂う日々を過ごしながら(何とゴッホが描いた画商兼画材屋のおじさんも登場)印象派とは異なる独自の美学と技法が認められようとせず、エクス・アン・プロバンスの故郷へ戻り、太陽の光と深い色調によっての色彩が、永遠のアルカディア(牧歌的な理想郷)に変容していくのでした。プログラムから少し引用。

しかしエミール・ゾラは心は深くセザンヌに向けていながら彼の絵には高くは評価せずセザンヌを苦しめます。

芸術家のエゴと孤独がよく表現されています。

プログラムを買って開けましたら、野崎歓氏が記していらして『不器用で矛盾だらけの男たち』と題しており嬉しくなりました。

エクス・アン・プロバンスのあの太陽の光を浴びた曲がり角が懐かしく思い出され、若かった自分を振り返っています。

b0105259_10561333.jpg




[PR]
# by madamegrimm | 2017-09-16 10:56 | フランス事情 | Comments(2)

フォーレのピアノ四重奏曲を聴きながら

 山あいの夕暮れ時、ヒグラシの鳴き声が西日の間から聞こえてきて、セミの哀れを想い今にも木から落ちてくるのでは…そんな思いに耽りながらCD棚からフォーレの室内楽を見つける。

今、ガブリエル・フォーレ(1845~1924)のピアノ四重奏曲第2番作品45を聴いています。
ピアノはジャン・ユボー、室内楽はヴィア・ノヴァ四重奏団の演奏で皆フランスで活躍された方々です。

この曲は1886年に完成され、フォーレ自身のピアノによってパリで初演され、名指揮者ハンス・フォン・ビューローに献呈されたそうです。

独創性にとんだフォーレの特徴が良く出ていて彼の生い立ちに目が行きます。

南フランス、スペインの国境に近いパミエという町に生まれ、9歳から親元を離れパリの宗教音楽学校ニデルメイエ校の寄宿舎で校長ニデルメイエから教会施法を取り入れた独特の和声法を学び作曲の原点となります。
そしてピアノ教師として赴任してきた10歳年上のサン・サーンスからも多くの影響を受けたそうです。

1890年代のフォーレはパリ音楽院の教授、校長となり数々の改革を実行していかれました。

79年の生涯でしたが気品に満ちたフォーレの音楽は人間の哀しみを感じさせながら微かな希望が見えてくる・・・そんな音楽に聴こえてきます。

b0105259_11373555.jpg
                パミエの町の川







[PR]
# by madamegrimm | 2017-09-13 11:39 | クラシックはお好き? | Comments(4)

山あいの草花

初秋の草花は心和みます。

b0105259_15184581.jpg
9月の川の側には早や彼岸花

b0105259_15215559.jpg

b0105259_15210579.jpg
そしてツユクサが・・・

b0105259_15193794.jpg
ススキなびく

b0105259_15203086.jpg
あー、初秋の美しさよ。











[PR]
# by madamegrimm | 2017-09-11 15:27 | 樹木草花 | Comments(4)

太陽フレアという現象

 太陽の一部が破裂することを太陽フレアと云うそうですが地球上に到達し電磁波などによっていろいろ影響するそうです。
六日に起き、八日の今日、影響が出ているようです。

午後、久しぶりに上野に出て空を見上げる。

b0105259_23100432.jpg
青空・・・携帯のカメラの画像が横向きになっている。
夜になって見ると元の縦長・・・関係ないかな?

上野駅のアトレ「みはし」で抹茶アイスではないほうじ茶アイスあんみつを食して帰る。

b0105259_23154891.jpg
さっぱりして美味しいでした。

何か少しずつ意欲がなくなってくる・・・夏バテ、ファティゲかな?





[PR]
# by madamegrimm | 2017-09-08 23:20 | 未分類 | Comments(2)

愛・忍耐・愛を記して

雨模様の日々ですが、かろうじて傘をささなくてよいような・・・。

先日、ブログ友のコメントに何気なく自分で記してから気になる言葉になってしまう。

人間は身近な人から、国と国との関係性まで幅広く通用する言葉のような気がする。

常に人の中に生きる人間、字の如く私たちは人を避けて生きることは出来ない。

隣国の核武装が始まろうとしている最中の情報でふっと想ったこと、ロシアとの其の国との関係性が垣間見られ、そもそもの発端に原点が見えてきた。

国際社会の極みは人間としての愛・忍耐・愛をもってよい地球の上を歩んでいく努力をしていかなければならない・・・そんなことを考えながら今までの地球上で起きてきた諸々の時代を反省しながら核というもっとも恐怖の武器を持たない世にしていかなければならないと切に願う今日この頃です。

昨日から都心の大学病院で歯科口腔の治療通院が始まった。

どうもストレスからの原因も大きいようでのんびり治療をお願いしてきた。

音楽を聴いたり映画を観たり心身を和らげる日々を過ごして行きましょう。

b0105259_10045467.jpg
もうすぐ柿も赤くなるでしょう。





[PR]
# by madamegrimm | 2017-09-07 10:06 | 人間 | Comments(0)

読書が進まず

あの本以来、昔読んだ小説など思い出しながら図書館で探したり借りてきたり、この気候の変化や諸々で部屋のあちこちに積読状態になってしまっている。

先日からもうかなり読み始めてから日にちが経っているのですが、ちっとも進まない。

本は・・・そう、スタンダールの『パルムの僧院』、図書館から大岡昇平訳の文庫上下2冊を。

現代ものを読み過ぎてしまっているからなのか、訳が少し大まかで気持が入らないのか、自分がかなり疲れているのか、昔読んだような読んでいないような・・・。

この季節の変わり目、あー、歳ですねー。

戴いたプラムでも食べましょっと・・・。

b0105259_11585013.jpg

[PR]
# by madamegrimm | 2017-09-04 20:08 | 人間 | Comments(2)

急に涼しくなりホッ!

 雨降りを覚悟で山あいへ・・・着いた時は靄がかかり涼しくはなってきたものの窓全開は期待しなかったのですが・・・。

翌朝、秋の初めの晴天に心おどりました。

電話回線の光フレッツからアナログに切り替える工事をしてもらう。

いずれ私もスマホという機種の携帯を持ちたい・・・。

パソコンは都内のこの機種だけで充分です。

山あいの庭には蜂の巣も蜘蛛の巣も見事に成長しています。

久しぶりに行くと自然の姿に見惚れこの生きものたちはこれからの秋に向かってどのようにして生き延びていくのか見守りたい気持ちが起き、除去せず、家の中からそ~っと見るのでした。

柿の木も葉の紅葉が少し始まりかけ実はまだあおく、それでもしっかり今年は落下していません。

おサルさんに取られませんように・・・。

ようやく猛暑で重たかった身体も昨夜などの歩きは軽快そのものでした。

暑さ湿気が苦手な私ですが、急な涼しさにまだまだ歩けそうです。
b0105259_13360648.jpg

このギボシの花の蜜を小さい蜂と大きな黒アゲハ蝶とが競い合い、なんとまあ、蜂がアゲハ蝶を追っ払ってしまいました。













[PR]
# by madamegrimm | 2017-09-02 13:36 | 未分類 | Comments(2)

残暑厳しすぎ

 こう暑くては・・・
毎日睡眠不足、古い柱時計がぼーんぼーんと鳴るたびに目が覚め、うつらうつらしているうちに外が明るくなり始め、窓を開け空気をいれるが、他の家々がクーラー満開で外気ももわ~ん!

地球はどうなっていくのでしょう・・・。

食事も作る元気もなく連れが買い込む人参玉ねぎなど見ているだけでうんざりしてきて、支離滅裂の食材がテーブルの上につらなるのでした。

あとは御飯と味噌汁、生きるためには食べなければ・・・

b0105259_05572627.jpg
フー、暑い! 手抜き料理の一日。

人間よ、頑張りましょう!





[PR]
# by madamegrimm | 2017-08-30 06:00 | 人間 | Comments(4)

晩夏の想いから初秋色

 チェリストのポール・トルトゥリエを聴きながら記し始めています。

すっかり空の色は秋の気配で光が薄いオレンジ色に輝いている昨日今日、晩夏の名残とが交差しているよう。

ポール・トルトゥリエというフランスのチェリストは1914年3月21日生まれでJ.S.バッハと同じ誕生日。

フランスの誇る名チェリストですが教育者としても優れた才能を発揮なさっていました。

季節の間で静かにバッハを聴いていると少しずつあらたな希望が心の隅に湧いてきます。
b0105259_10313357.jpg

b0105259_10321776.jpg
黄色のカンナとアゲハ蝶が微笑んでいるのでしょうか・・・。

カンナの花言葉:情熱、快活、永遠、妄想、思わず私も微笑む。












[PR]
# by madamegrimm | 2017-08-28 10:36 | 未分類 | Comments(4)

オムレツ定番

 娘時代から作っていた挽肉入りオムレツ、段々と昔に帰って行く私・・・。

b0105259_23173648.jpg
この日のメニューは他に男爵芋の丸ごと皮付蒸かしイモ風(電子レンジで7分程丸ごとラップをしてチンする)

キノコと豆腐の味噌汁。

丸茄子の漬物、ビール、御飯少量です。

オムレツの作り方

挽肉は牛でも豚でも鶏でもお好きな挽肉で。

玉ねぎのみじん切りとをオリーブ油で炒め塩コショウをしてお皿にあけて冷ましておきます。

卵2個を器に割って冷ました挽肉炒めを3匙ほど入れときほぐしオリーブオイルをしいたフライパンを温めそこに流し入れる。(少し多めの油を)

手早くかき混ぜオムレツを作る要領で両面を焼きます。

オムレツは慣れるまでそう簡単には出来ませんが要は慣れです^^

ボナペティ!

暑い日は氷も頂きましょう。

b0105259_23364418.jpg
あー、涼しくなりました。(デニーズでの小氷抹茶小豆を食した時のFotoですが・・・)

今日の猛暑はきついでした。













[PR]
# by madamegrimm | 2017-08-25 23:37 | 「新」文章で綴る料理 | Comments(4)

今朝のアサガオ

b0105259_06162561.jpg
おはようございます。

処暑を過ぎてもまだ咲き誇っている

アサガオの力をバネとする

b0105259_07462018.jpg
追伸:先日記した孫娘の家族、初の海外家族旅行のハワイから無事に昨夜帰国、メールがきてホッとしたところです^^ 英語が大好きという孫娘、活かせたかな?

b0105259_09525054.jpg













[PR]
# by madamegrimm | 2017-08-24 06:23 | 樹木草花 | Comments(2)

まるいもの

b0105259_21344614.jpg
中がまんまるホウズキをみると
こどもにかえるわたし
ゆっくりゆっくり もみほぐしていく
ぐにゅぐにゅと やわらかくなるまで

のんびり作業を 真剣に 破れないように
そ~っと てるてるぼうずの首のところを
抜くと できましたできました

きれいに洗って 口に含み 舌の先で
きゅっきゅっと鳴らす 幸せです

b0105259_21473458.jpg
ここにもま~るいブドウ さあ大人になろう ワインを飲んで^^









[PR]
# by madamegrimm | 2017-08-20 21:50 | 私の詩 | Comments(4)

毎日雨ばかり

 先日、FMを聴いておりましたら、ピアニストのアルトゥール・ルービンシュタイン特集をしていて少し聴き入ってしまいました。

そのお話の中で同じポーランド出身のメキシコで活躍なさったヴァイオリニストのヘンリク・シェリングとの演奏を聴き、家のCDケースから捜しだして、この鬱陶しい連日の雨から連想し、『雨の歌』という別名がついているブラームスのヴァイオリンソナタ第一番ト長調Op78を聴く。

ブラームスの歌曲にある「雨の歌」Op59の中の旋律が聞こえてくるような流れになっています。

ルービンシュタインがメキシコで教授をしているシェリングと出会い、彼の演奏を聴いてその力量に驚きルービンシュタインの世話で一躍世界に認められた仲、気の合った1960年頃の良い演奏です。

あー、雨よ いつまで降り続くのか・・・ブラームスを聴いて こころを晴らす。

葡萄の房をみつけました。

b0105259_21312456.jpg
このまま秋が始まるのでしょうか・・・。












[PR]
# by madamegrimm | 2017-08-19 21:33 | クラシックはお好き? | Comments(4)

辻邦生への印象から想い

 真夏の太陽を感じないどんよりした雨が降り続いています。

お盆休み、人々の夏休みと敗戦記念日を境にした連休ニュースにマスメディアは右往左往している中、ブログ友のご紹介で思い出しました『手紙、栞を添えて』(ちくま文庫)を読む。

著者は辻邦生・水村美苗お二人の往復書簡です。1990年代に新聞社の依頼から始まった2年程の連載物です。

昔、何時でしたでしょうか、辻邦生のやはりZeitungの連載小説を丁度その頃配達してもらっていた新聞で、その時代の社会現象と彼が執筆している内容が今思えばアンサンブルのようにハモっていて不思議な印象を受けました。

辻邦生夫妻と云えば森有正を師と仰ぎヨーロッパ時代は常に夫妻で行動を取られ私から見ると別世界の人間として映り、新しい生き方を模索している男女の姿にみえました。

森有正の苦悩の生き様は明治の文明開化から繋がる比較文学者として全集を読み通し、深く共鳴し自分の生き様にもかなりの影響を受けた者としては辻邦生の存在は少し違和感を持ったものです。

しかし、この度この本から彼を顧みることが出来、そして彼の生い立ちをあらためて検索することが出来、水村美苗さんというパイオニア的帰国子女ご経験の方との往復書簡は素直な自然体の辻邦生氏を見ることができたのです。

そして最後のエピローグーー風のトンネルで浅間山麓から自然の木々の間から高貴な浮遊感を経験なさり、この2年後急逝なさっているのです。

往復書簡の中には世界中の沢山のお二人が読まれた本の紹介がしてあります。

本を読む幸せがひしひしと伝わってまいります。私も次はスピノザの『エチカ』を開いてみたいと想っています。










[PR]
# by madamegrimm | 2017-08-16 15:14 | 人間 | Comments(4)

鬱陶しい空の下で

b0105259_18084537.jpg
b0105259_18075609.jpg
エキサイトブログの投稿の仕方が変わってしまい戸惑っています。

しばしお許しを・・・トホホ!

八重のクチナシがもあ~んと香ってきました。

b0105259_19010591.jpg











[PR]
# by madamegrimm | 2017-08-14 18:14 | 樹木草花 | Comments(2)

日々入れ替わる天候

 どんなに科学が進歩しても自然の驚異には勝てない昨今のお天気。

昨日の9日、長崎原爆投下(1945年)された日の朝からじりじりもやもやむわ~んとした気温はピークを通り過ぎ生きるとは大変な事なのだと自分に言い聞かせながら前から孫娘と約束をしていた場所へランチデートなのでした。

高校生になった彼女と初めての一対一のデート、彼女の家の近くの中華屋さんを指定してもらって出かけてきました。

渋谷から何て久しぶりの井の頭線でしょう。

b0105259_10445556.jpg
b0105259_10453274.jpg


小さな昔ながらの駅に降り立ちました。


炎天下の青紫の花も精いっぱい生きています。

b0105259_10482263.jpg


素敵な女性になり始めた彼女は楚々としながら勉強にバイトにと夏休みを謳歌しています。

学校の話、趣味で楽しんでいるピアノや水泳の話、初アルバイトの話、将来の夢などなど、あっという間に時間が過ぎて行きました。

自転車で来た彼女と駅で別れ、お腹いっぱいになった私はまっすぐ家に帰り朦朧となりそうで長椅子に寝そべりました途端、ザーっと猛烈な大雨が襲ってくる!

飛び起きて2階の窓を閉めに走り回り疲れた身体と共に彼女との楽しんできたことを想いながらモヤモヤ高温の中を夕食の支度にと買物に出かける一日、夜中は熱中症に注意との天気予報ははずれ、少し涼しげな朝をむかえたのでした。

b0105259_111106.jpg

[PR]
# by madamegrimm | 2017-08-10 11:11 | 未分類 | Comments(4)

暑い8月は戦争を思い出す月

 島尾敏雄著『島の果て』(集英社文庫)を読了。

8月15日全面降伏をむかえる前後の海軍特攻隊のお話です。

本部からの出撃を待つ末期の切羽詰まった人間の真理がその出島の隊長であった著者島尾氏の筆跡によって迫ってきます。

戦争という残酷な行為は本当にあってはならないのです。

人間のおごりがいつも発端です。

皆でしっかりと社会の動きを見つめ考えて行かなければ・・・。

昨夕盆踊りに出会いました。

b0105259_8263197.jpg

[PR]
# by madamegrimm | 2017-08-07 08:24 | 人間 | Comments(2)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧