人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

好きな場所へ又

 何故か東京丸の内界隈が好きなのです。

梅雨空を見上げながらあの広い空間を歩いていると背筋がシャキッとして鬱陶しい空気を押しのけて闊歩したくなる。

そうだ、今日は一万歩、歩こう!と地下鉄大手町下車、丸の内北口から八重洲方面へ向かう。

大丸の前を通り表に出て東京駅のバスターミナルの前を通り信号を渡って八重洲ブックセンター前、その横から地下道に降りるとあ!またキリン・シティがありました。

ちょっと寄ってビールを二杯飲み一休み。

駅の地下街をのんびり見ながら丸の内側に戻る。

オアゾーの丸善に寄り坂本龍一の本を一冊求める。

b0105259_23493923.jpg
さあ、家路へ 11400歩でした。





by madamegrimm | 2019-06-29 23:52 | 未分類 | Comments(2)

少々ファティゲです。

何か忙しいのかボーっとしているのか分からない日々を過ごしている。

ブログ友たちのご紹介で早川書房発行『華氏451度』レイ・ブラッドベリ著(伊藤典夫訳)を読了しているのですが原書は作者が1920年イリノイ州出身の方ですからもう何十年も前の作品で新たに伊藤氏の翻訳で2014年に再発行されたSF小説です。

本を燃やす昇火士(ファイアマン)を主人公にして現代文明を鋭く風刺した内容で考えさせられそんな中、知人のコンサートに行ったり娘と飲みに行ったり今日はボーっ!

脳が疲れて来ています。

ナポリタンを作って赤ワインを一杯・・・おやすみなさい。

b0105259_21191320.jpg
因みに華氏451度はセ氏に計算すると233度でしょうか・・・



by madamegrimm | 2019-06-26 21:07 | 未分類 | Comments(4)

見知らぬ方々との対話

 昨日は大宮まで足を延ばした。

今日はジュンク堂へブログ友紹介の『華氏451度』(レイ・ブラッドベリ、伊藤典夫訳)ハヤカワ文庫を求めに街へ進出。

デパートをぐるぐる回って今時ファッションを探検、東京駅八重洲口までと思いつつ、ちょっと遠いので某デパートの健康食五目焼きそばを食す。

b0105259_19043382.jpg
このお店は生ビールを置いていないので物足りなく用事を済ませた帰路、キリン・シティに寄る。

そこでひとり淋しくハーフ&ハーフを二杯飲んでいましたら、現役女性お二人が隣の席でブルゴーニュ系ワインのボトルを注文して飲み始めている。
私は求めたばかりの本を飲みながら読んでいたのですがお二人の楽しそうな会話につられてちょっと声を掛けてしまいました。

うわ~、すごい、三人でどんどん話が弾みます。

私は「この歳で飲める女性がいなくつまらないんです」というと可愛いお顔の方が「あ、私の母も言っています」
もうお一人の細面の美しい女性はお幸せなご家庭のようでおっとりしながら私を褒めちぎる。

何て素敵なめぐりあわせ・・・でも尾を引かないように私は席を立ちましたが、世の中にはいい方も沢山いらっしゃる。

ほろ酔い気分で家路についたのでした。

素敵なお二人さま お付き合いありがとうございました。




by madamegrimm | 2019-06-20 19:21 | 人間 | Comments(7)

人間の建設を読みながら

しばらくぼーっと過ごしている。

相変わらず世の中は年金問題や今の政治家たちの行動や高齢者たちの免許うんぬんと騒がしい人間模様・・・

自分の原点に戻りたく若いころから人間探究とはオーバーですが人間への興味が今でも尽きず我が書棚から何気なく目に留まったのが新潮文庫『人間の建設』(小林秀雄・岡 潔 著)挿んでいるレシートを見ると2016年8月と記されている。

ほとんど記憶にないのですが読んでいると鉛筆であちこち線が引いてある。

あらあら結構読み込んでいるのだーと・・・

対談集なのでお二人の自然体の会話に難しい話でもすんなり入り込んでいける。

私は生まれ変わったら数学をもう一度しっかり学び哲学と結び付けて世の為人のために貢献したい、と相変わらず生意気なことを考えている自分なのでした。

小林秀雄が言っています。
本居宣長は詩人ではないが、たいへん詩人的なところがありまして、どんどん一人で歩いていって、もう先はないというところまできて、、ぽっくり死んだのです。そういう意味で宣長さんの考えた情緒というものは、道徳や宗教やいろいろなことを包含した概念なんです。単に美学的な概念ではないのです。(もののあわれの説から)

あらゆる分野で読む者を楽しませてくれる彼らの死後の著書で後ろの解説は茂木健一郎氏が担当していらっしゃいました。

さあ、私は残り少ない人生、如何に生きていくのか・・・梅雨空を眺め、白いアジサイの光を見つめながら途方に暮れるのでした。

b0105259_12234489.jpg



by madamegrimm | 2019-06-15 12:24 | 人間 | Comments(2)

日々ひたすら歩く

 先日Zeitungを見ていてある小記事を読んで地方紙が読める場所がないかネットでさがしていましたら都立中央図書館に日本中のZeitungが観れるとのこと、訪ねて来ました。

b0105259_13214004.jpg
ここはどこでしょう。

麻布にある有栖川宮公園という外国の大使館がある地域、初めて地下鉄を降り立ちました。

緑深き公園の中は丸太を使った木材の登り階段が上の方まで続いていてそのてっぺんに都立中央図書館がありました。

新聞コーナーは広く斜めのテーブルがいくつもあり、地方紙をゆっくり見ることができます。

帰路、迷うほど広い公園の中を白人系の外国人の親子や子供たちが思う存分走り回って楽しそうに遊んでいるのでした。

そして昨日はブログ友が素晴らしい感想文を記していらっしゃった映画「希望の灯り」(In den Gängen)を吉祥寺のパルコの地下2階にある小さな映画館で雨の中出かけ観賞して来ました。

ブログmaru氏の記事を是非読んでほしいです。 https://maru33340.exblog.jpです。


心にしみる良いドイツ映画でした。

歩き疲れて今日はのんびり・・・。






by madamegrimm | 2019-06-11 13:44 | 人間 | Comments(4)

庭の草花

梅雨入り前に山間の庭の草を取らなければ・・と出かけましたが身体が思うように動けない。

着いた日は前回草むしりをしておいた枯草を大きな袋に入れてごみ出しの小屋へ運んだのですがそれだけで過労・・・オーバーな表現になりますが最近とみに老化現象が益して来ているみたいで老いるを実感してきている私は無理は避けようと緑濃き景色を眺めながら自然と体を合わせていこうとゆっくりゆっくり作業を進める。

b0105259_15003978.jpg

あー、都忘れの紫密集を見ながら右奥の雑草を見るとドクダミの白い花たちが笑っています。

b0105259_15023743.jpg

関東地方は梅雨入りです。草花よ、自然を謳歌してください。

b0105259_16460008.jpg
                     柿の葉



by madamegrimm | 2019-06-08 15:06 | 樹木草花 | Comments(2)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧
更新通知を受け取る