人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

頭痛の種

 あー、すっきりしない。昨夜から頭のテッペンが痛い。ストレスか・・・

世の空気が重たく澱んでいる。

本を読んでいても最近は作者の意図するところが見えてしまい疲れるのみ。

ぼーっと金正恩氏とトランプ氏の対談がベトナムのハノイで始まるニュースを観ながら日本は蚊帳の外・・・これからの世はおちおちしていられないのでは?

ファミリーレストランのハッピーアワーを狙ってボンマルシェのビールとサングリアを飲みながら隣のボックスの家族、可愛い赤ちゃんのしぐさに見惚れながらまたまた気分転換です。

b0105259_21585964.jpg
こちらのサングリア、ファミレスにしてはおいしいでした^^




by madamegrimm | 2019-02-27 22:00 | 未分類 | Comments(2)

心がすっきりしない今日

 はっきり申し上げられない。

一般市民の心を踏みにじるような政府と皇室関係・・・複雑な善良市民は置き去りにされているこの三日間の茶会と称する艶やかな人々。

おかしいと思うのは私だけであろうか・・・。

春色が街々に見える昨今の最後の平成にもの申す・・・悲しい心です。

b0105259_18001680.jpg



by madamegrimm | 2019-02-26 18:01 | 人間 | Comments(4)

昨日のラジオ

 日に日に春めいてまいりました。

相も変わらず悩み多きIchではありますが、昨日の久米宏ラジオなんですけれどの番組を久しぶりに耳を傾けましたところ偶然に元首相・小泉純一郎氏がゲスト出演していらっしゃいました。

戦後の時代を共に歩んできた老きつねさまたぬきさま、顔の見えないラジオの醍醐味、お二人の海千山千トークに流石第一線に上り詰めた会話はもう静かに笑うしかない面白さなのでした。

久米さんはやはり政治の話は独自の展開がありますね。ラジオ冥利に尽きます。


先程、ドナルド・キーンさん(96歳)が亡くなられたニュースに接し、心からのご冥福をお祈り申し上げます。

b0105259_12382567.jpg





by madamegrimm | 2019-02-24 12:34 | 人間 | Comments(4)

国のお金について

平成から新元号へと変わろうとしているこの国、国家予算の莫大な額に啞然としてしまうのは私だけでしょうか。

今朝のZeitungに青山学院大学長の三木義一氏が本音のコラムで大変面白いことを書いていらした。

全文を載せさせて戴く。

 上方の古典落語に、吝兵衛さんが、閻魔大王に賄賂として小判を渡して極楽へ行く話がある。その小判で閻魔大王は青鬼や赤鬼たちを引き連れて遊びまわる。ところが、その小判は偽小判。そのため、閻魔大王たちは全員お奉行様に逮捕され、地獄が閉店休業になったので「死ぬなら今」。
 しかし、現実の世の中は落語ほど甘くない。閻魔大王はおそらく奉行の人事権を握っているだろう。奉行所は逮捕を躊躇するに違いない。そこで、いろいろ忖度したうえで、この小判は偽物ではなく、本物であったことにする。そこで、悪い連中が同じ偽小判を大量に作り、遊びまわる。世の中に金が出回り、景気も良くなった感じが蔓延する。しかし、正確にデータを取ってみると、辻褄が合わない。さらに忖度をして、データを変えてしまう。妙な好景気がさらに続くが、いつかはばれるもの。地獄経済は破綻し、地獄の様々な施設もすべて売却され、何もなくなってしまった。
 やはり「死ぬなら今」かと思ったら、極楽でも大変なことが起きていた。閻魔大王の親族が、極楽施設を吝兵衛に破格の値段で売るように指示し、ほとんどの施設が買い占められていた。しかも、施設利用には高額な本物の小判が必要になっていた。善良な市民が極楽に行っても、おちつく場所もない。だから、「今は死ねない」


まいりました。どうにかしなければいけません・・・。

冷たい風が吹き荒れた今日、混乱が始まっている世の中をひしひしと感じながら春を迎えようとしている。







by madamegrimm | 2019-02-21 19:18 | 人間 | Comments(4)

ようやく春がすぐそこまで

 昨日は暖かな一日、散歩も兼ねて早稲田近辺を歩いてくる。

b0105259_08080180.jpg
飛び立ったばかりのようなかわいいメジロを見つけるが・・・

b0105259_08093116.jpg
不思議な木、さるすべりのような幹です。

大熊講堂の周りの教室は入試の真っ最中!ホテルの庭側から入り都電始発場所からチンチン電車に乗って帰る。

何と13000歩! 我ながら凄い・・・。





by madamegrimm | 2019-02-19 08:15 | 樹木草花 | Comments(2)

ネット時代の恐怖

 長閑な時代に戻れないのか・・・。

こんな小さな家庭でも恐ろしさを感じる時代に突入しています。

騙されるか騙すか、勝つか負けるか、健康か病気か、最近の世は明暗がはっきりしてきて単純と云えば簡単なのですが、人間はその中で右往左往と振り回され始めているような・・・。

ネットを通して恐怖の時代に入って来ました。

皆さま、騙されないようしっかりと世を見つめていってください。

私も頑張る。

今年は喜ぶを草書にすると㐂になる字の祝い年。

さあ、新たに立ちあがらなければ・・・百歳の時代、負けないぞ~~~!

昔、おチビを連れてようやく辿り着き、車から飛び降りた暑い夏のセザンヌのアトリエ前。

b0105259_15544923.jpg
セザンヌの映画を思い出しました。

b0105259_15533075.jpg
懐かしい昔の夢は儚いものですが人間は今を生きなければ。








by madamegrimm | 2019-02-16 16:01 | 人間 | Comments(4)

三寒四温のこの季節

 冬から春に向かってのこの季節、毎年体調を崩す。

気をつけているのですがとうとう昨日は鼻水が止まらない。
クシャミと共にティッシュの山、これはもしかして花粉症?・・・免疫力強い私と自負しているので花粉に負けるものかと体力維持を心掛けているのですがこの自然の季節ばかりは太刀打ち出来ない。

インフルエンザが流行っていようとマスクが嫌いな私は数日外出機会が多く一昨日も料理会に参加、三寒四温の言葉よりも三寒二温という感じ、都内は雪が降ったり毎日空模様が明暗に分かれ太陽の光が輝いていても冷え冷えの気温。

あー、自然に惑わされてしまう躰、昨日のティッシュの山を見て昨夜から何も考えないように静かに床に就いているのでした。

今朝から鼻水も止まり何て単純な私でしょう。
ひどくならないことを祈りながらこれを打っています。

先日、ブログ友が読んでいた五木寛之氏の『白秋期』(日経プレミアシリーズ)を私も読み終わり五木氏の生き方に前から共鳴しているのですが「そのまま生きよ。死ぬときは死ぬ」、あたりまえの言葉が深く身に沁みるのでした。

この前亡くなった橋本治が「思いつきで世界は進む」というちくま新書から発行された本を今読み始めましたがちょっと面白そうです。

ふーっと、昔の夏目漱石さんの言葉が浮かんできます。
《山路を登りながら、こう考えた。
智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい》(「草枕」冒頭)

では又^^








by madamegrimm | 2019-02-12 13:41 | 人間 | Comments(2)

冬を乗り越える季節に

 数日 山あいで過ごし木々を見ながら思いに耽る。

木は何も言わない。美しい。

b0105259_18510191.jpg
1月に枝切り後の柿の木です。

花も何も言わず小さく最後の輝きを示してくれる。

b0105259_18522088.jpg
愛おしい植物たちです。

人間に疲れてきた私。

五木寛之さんに云わせると白秋期から玄冬に入ろうとしている身体はいろいろな事でもう最盛期は終わり。

しかし心は少女のまゝ・・・低能なのであろうか・・・。

何を言われてもいい、多分100歳までこの世で生きなければならない・・と想う世間は鬼ばかり。

ああ、歩き疲れたのでございます。



by madamegrimm | 2019-02-08 19:04 | 樹木草花 | Comments(4)

ぶらり上野へ散歩

 上野松坂屋へぶらり散歩に出かける。

ある売り場の店員とおしゃべりしたり2月恒例のチョコレート売り場で味見をしたり、いつもの食堂でいつもの遅い昼食・広小路御膳を食してデパートを歩き諸々を求め気分転換、満足満足^^

b0105259_23520240.jpg
食事をしながらゆっくり読書。

宮本輝の『野の春』少しずつ読んでいるのですがまだ半分、ふー!




by madamegrimm | 2019-02-03 23:55 | 未分類 | Comments(2)

もう如月です

 サッカーアジア決勝戦、盛り上がっています。

心臓によくないので結果待ちの私、昨夜の雪で町は冷え冷え、早く休みましょ!

先日亡くなった橋本治さん、山あいの友にご贔屓にしている方がいて、その彼の話になるとへえ~、うそ~とちょっとおもしろい方だなーと彼女を思っていたのですが、ブログ知人numabe氏の『私たちは20世紀に生まれた』に橋本治の多才ぶりが記されていて流石沼辺さま、やはり凄い方だったのですね。

早速彼女にラインでブログを紹介、読んでいるかな~。

才能のある人の生い立ちを知りたいものです。

b0105259_23104151.jpg
            1月29日ご逝去(70歳)


ここに文芸評論家の斉藤美奈子さんの記事を載せておきます。

 今は話し言葉の小説が全盛だが、それは橋本さんが「桃尻娘」で開発した。頭のいい主人公がもんもんと思い悩むような小説とは違い、橋本さんは普通の老若男女を描きながら、時代を切り取る。市井の人々への観察に裏付けられたその姿勢は、批評の仕事にも通底していた。本当にオンリーワンの存在だった。(T-Zeitungより)







by madamegrimm | 2019-02-01 23:02 | 人間 | Comments(0)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧
更新通知を受け取る