<   2018年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

モネの作品が

数日前よりN氏のブログからクロード・モネの作品を昔の実業家松方幸次郎がモネのアトリエを訪ね買い受けた大作、戦争を経て戦後ドサクサに紛れ紛失していた「睡蓮」がルーブル美術館の倉庫で見つかったことを知りました。

損傷が激しく見るも無残!

戦中戦後と長い時間が経過してのその大きな作品、パリのオランジュリー美術館に陳列されているのと多分同じ位の大きさでしょう。

吉田健一が『時間』という作品を書いているのですが「世界が時間であるというのはその到る所に時間が脈打っているということである」と、このような言葉が浮かんでくるのです。

松方氏が直にモネの家でその「睡蓮」を選んだ物語も知りたい・・・。

果たして再生出来るのか、昨夕のZeitungにも掲載されていた記事をみて、まるで霞んだビル街に見えてしまう不思議な絵が写し出されていたのでした。

複製師に期待いたします。

b0105259_13560615.jpg





[PR]
by madamegrimm | 2018-02-28 13:56 | クラシックはお好き? | Comments(2)

そのミサ曲ロ短調から

 昨夜はなかなか眠りにつけず寝不足で朝をむかえ、そうだ、今日までのセール、デパートを歩いて来ましょう、と諸々を求め、2倍ポイントを戴いて食堂で大きな花を見ながら美味しい御膳を食してきました。

b0105259_19564903.jpg
タイトルと関係ない書き出しですが、そのバッハの「ミサ曲ロ短調」BWV232を久しぶりにカール・リヒター指揮ミュンヘンの合唱団と管弦楽団が日本に1969年来日演奏したCDを聴いて新しい発見と申しましょうか・・・このバッハの教会音楽への思ひがよみがえってきて私の心を揺さぶっているのです。

カントールをしていたバッハの伝統はライプツィヒのトーマス教会に繋がりそこでこのCDの指揮者カール・リヒターも伝統を守り、そして今へとそのスケールと音楽が崩されることなく教会音楽に根づいている・・・。

ベルリンに居る時、何度かビラー氏指揮の演奏をライプツィヒで聴きました。

その頃、新しいバッハ演奏が世界を駆け巡り、それはそれなりに美しいのですが、人間の声と楽器そして聖書の世界を一体化する音楽の神髄はヨハン・セバスチャン・バッハによって表現される楽譜に基づく演奏でドイツ人の伝統の世界であると確信したのでした。

これはあくまでも自分の経験からの気持ですが、涙が出る程、このCDを聴いて懐かしく人間らしい演奏に心打たれています。

b0105259_20261275.jpg






[PR]
by madamegrimm | 2018-02-25 20:26 | クラシックはお好き? | Comments(4)

寒い今日も・・・

 ブログ友よりバッハ研究家の磯山雅氏が昨夜亡くなられたことを知り、人間の命の事を考えています。
1月の大雪の後、滑って頭部を打ち帰らぬ人になられたことをネットで知りました。
丁度、昨日次姉と久しぶりに会い、池内紀著『すごいトシヨリBOOK』(毎日新聞出版)を借りさせられて(笑)一気読みし、老いて行く人間の語りがヒシヒシと伝わってきてまいったな~と・・・

そんな時に磯山氏(享年71歳)の訃報に接し、ご冥福をお祈り申し上げながら、人生100年の時代、その半分の50歳を境に上りから下り始まることをドイツ研究家の池内氏は記しています。1940年生まれの池内氏は老人の基本は過去ですから過去が集まって何かをやろうとしても、オリジナルなものは出てこない。ヴァリエーションにすぎない・・・と。

死は一人一人みな違うのですがこう寒い日が続いていますと老いの始まっている私はメゲてくるような今日と云う日、磯山氏を想いバッハのミサ曲ロ短調を探していましたら何と珍しいオーマンディ指揮グリーグのピアノコンチェルトが出てきました。
ピアノはフィリップ・アントルマン。
そしてシューマンのピアノコンチェルト2曲、ピアノはルドルフ・ゼルキン。

何か劇的・・・。

b0105259_17165207.jpg
オーマンディ氏

b0105259_17242301.jpg



[PR]
by madamegrimm | 2018-02-23 17:20 | 人間 | Comments(2)

苦笑い!

 うふ!参りました。今日の検索キーワード、ず~っと何も記入がなかったのですが、今朝みて苦笑いです。
〈グリム童話忘却〉と記してあります。
このコーナーはどなたが記すのか・・・いつもたまに入るとびくっと云う状態に私を貶める。

ず~っと確かにグリム童話のお話には程遠い記述ばかり・・・。

グリム童話は200話以上あるのでドイツ語で記すことは可能なのですが正直ドイツ語で打つのが後期高齢に入って忍耐力が衰えてきて威力が湧かない。

毎朝ドイツ語講座を聞いていても夜眠りに入るのが遅いせいか、あさの7時はスイッチを入れるものの(あれ、もう終わっている!)半分眠って聞いているので身につかない・・・。

その後のスペイン語講座も点けっぱなしで次がフランス語講座、こちらは聞き慣れた言葉なのでうんうん・・聴こえてくる。

ドイツ語はどんどん忘却の彼方へ・・・。

そして今朝の検索キーワード!参りました、ブログの恐ろしさよ。

はんきちさんご紹介のお酒、先ほど近くの大手スーパーに行きましたら結構他種より値の張る日本酒・〈獺祭〉、普段置いて居ないのに目につくところに陳列されているのです。

こちらもブログの恐ろしさよ!(心の奥はうれしい^^)





[PR]
by madamegrimm | 2018-02-21 18:03 | 未分類 | Comments(2)

春が始まる

 まだ寒い日ですが家に閉じこもっているとあれもこれもと本の再読や、あちこち右や左に動かすだけの片付けや、芥川賞の載っている雑誌を読んではため息をつき、スマホのランプに気がついてはライン・スタンプに踊らされ、ニュースは皆同じ・・・。

外の空気を吸いに出かけました。

例年より気温の低さの所為でしょうか、草花はなかなか見つけられない・・・。

それでも春の桃色発見です。

b0105259_16150795.jpg
山あいはきっとふきのとうが芽を出しているでしょう。




[PR]
by madamegrimm | 2018-02-20 16:16 | 樹木草花 | Comments(3)

ようやく春への色が濃くなってきた今日この頃

フランス組曲を求める。No1、2、5、6の入っているCornelia Herrmannの演奏です。

b0105259_11180285.jpg
うふ!ブログ友よりの影響大です。

バッハのフランス組曲はMein Sohnもよく弾いていました。この方の演奏を聴いているとタッチも似ていて懐かしさがこみ上げてきてSohnも演奏を続けていたら・・・
ある時期から過去のトラウマが押し寄せて来るようになり山間でひとり籠ってしまいました。
親の至らなさもあり、反省することばかりが私を襲っていましたが音楽や絵、そして少しのお酒の楽しみが気分を紛らわしてくれます。親よりも本人の苦しみははかり知れないと思うと人間は生きて行ければいいのだと思うようになりました。

オリンピックの選手たちを観ていると別の哀しさがこみ上げてきます。
長い人生を有意義に過ごせることを祈ります。

昨日はTochterの家に行きスマホにあるラインというコーナーに可愛いスタンプを入れてもらいました。
スマートフォンの世界はまさに私にとっては遊びの世界です。
ひ孫の誕生日でもあってその夜はラインに字入りスタンプや写真などが飛び込んで来ます。
変わった不思議な世の中になったものです。

外は道端のスミレも明るさを増してきました。

b0105259_11560183.jpg



[PR]
by madamegrimm | 2018-02-17 11:56 | 人間 | Comments(4)

これからの老いへ向かって

 いやでも老いが進んでいる。
この寒さで筋肉が硬直しているのか、歩くと昔捻挫をした場所からじわじわと痛みが拡がり足裏の筋や薬指あたりが靴に押されて歩行困難に・・・。

歩数を見ると10000歩近い。歩き過ぎなのか・・・。

こうして老いていくのです・・・。

歯科メンテナンスの帰路、いつもロイヤルホストに寄りのんびり近辺を散歩、地下鉄を乗り換えてデパートをぶらぶら・・・。

先日、身に着けていたアクセサリーをどこで落としたのか・・・あるところで無いことに気がつき、ぞ~~~ぐにゃ~~~トホホ・・・。

最近のダメージ続出に閉口している自分・・・。

今朝、この日のチョコレートケーキを半分食し、異常な甘さにアホクサくなる。

デパート・バレンタインデイに踊らされる私・・・。

昨日食したシェフサラダセットをUp致しましょう。

b0105259_10444997.jpg
こちらはお薦めです。老い行く私にはベスト食・・・。









[PR]
by madamegrimm | 2018-02-14 10:46 | 未分類 | Comments(4)

日本橋散歩

久々に日本橋三越へ散歩です。

b0105259_18300891.jpg
b0105259_18313024.jpg
バレンタイン日が近いのかライオンさんまで薔薇の花を加えています。

b0105259_18324624.jpg
裏の日銀です。

そしてライオン前の路地で日本橋の味を戴いてきました。

b0105259_18283879.jpg
懐かしい日本橋の香りです。






[PR]
by madamegrimm | 2018-02-11 18:39 | 未分類 | Comments(6)

冬季ピョンチャン・オリンピック始まる

クラヴィーアのパルティータを聴いていると

遥か昔の発祥地オリンピアは古代ギリシャ

バッハはその時代をどのように解釈しながら

高度な技巧を要する作曲を試みたのであろう

オリンピックの演技をみていると疲れてくる

北緯38度線を境に南北に分かれた国

世界の平和を祈る五輪に夢を托し政治はいやでも関わってくる今日

静かに観れない自分がいる

b0105259_11504292.jpg







[PR]
by madamegrimm | 2018-02-10 11:51 | 私の詩 | Comments(2)

夜空

山あいの凍てつく夜空を見上げては

輝く星に吸い込まれる

そういえば 遠い彼方の西洋では

記憶に残る輝きは 太陽の光であった

西はオレンジ色 東は銀色

夜の星を見上げる余裕がなかったのだ

今 研ぎ澄ました感覚の世界で

自分をかえりみる思ひが 銀河鉄道

b0105259_10554134.jpg








[PR]
by madamegrimm | 2018-02-08 10:57 | 私の詩 | Comments(2)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧
更新通知を受け取る