カテゴリ:人間( 466 )

素朴な人間研究

 基本的に私は人間が大好きです。

大見得をきる言葉から始める意味は、人間模様が繰り広げられる日々、今日のマスメディア世界と云い、とんでもない金額が飛び交う世の虚しさと申しましょうか、つい昨今も55億円と云う額を詐欺師たちに騙し取られた大手メーカー、この会社はつい先日まで家の前の古い家を解体しマンションを新築していた会社であらあらと・・・。

国際的事件も頻繁、時の首相は理由もあまり明かさず外遊ばかり・・・総ては税金!

莫大な金額が湯水のごとく流れていく。

ほんの一部の人間さまによって世界情勢経済政治と目まぐるしく動いていく。

その中で一家族の人々は毎日の生活がどんどん目に見えない内に公共料金が大半を占めて家計費が消えていく現状を理解しているのであろうか・・・。

空は国を守る為にと防衛費に多額を費やしオスプレイやジェット機やヘリコプターなどが騒音をまき散らして人々を脅かし益々老後の不安を強調させていく。

こう何十年も生きていると何かが違う何かが違うとつぶやいても皆経験の違う人間によっての人の輪、何とかならないものかと思っても難しいのか・・・。

広い処が大好きの私はただひたすら歩くのでした。

b0105259_11231305.jpg
日曜天国の銀座通り







[PR]
by madamegrimm | 2018-10-18 11:51 | 人間 | Comments(2)

歌人若山牧水について

 いつもの神保町の書店で新刊書コーナーを見ているとふっと目についた書物、『牧水の恋』(俵万智著)文芸春秋刊。

若山牧水という歌人の事は知っていても何となくの明治時代の著名人、深読みもしたこともなく自分の山あいの家の近くに牧水が訪ねたというホテルがあったりの知識だけでしたが親しみの持てる現代の歌人・俵万智さんの文によっての本に興味が沸いたのでした。

 恋しさに眼(まなこ)とづれば白鳥の海ゆくが見ゆ秋のまひる日

明治39年のまだ早稲田大学1年生頃の作品です。

それからひょんなことから神戸で療養していた小枝子と云う女性と出会い恋に発展し結ばれ破綻して行く牧水、その間に沢山の恋歌をしたため43年の人生をたくさんたくさん歌っていくのです。

俵万智さんによって彼女のリアルな歌が所々に入り混じりながら豊富な経験者の思いを吐露してくださる執筆に楽しくゆっくりと読み進めた一冊でした。

b0105259_14190827.jpg









[PR]
by madamegrimm | 2018-10-13 14:16 | 人間 | Comments(4)

最近の私の行動

あるグループの集いに参加するようになりました。

様々な職歴を持っている人々の中に入り講演を聴いたり共に昼食を作りながら昼の憩いを共にしたり夕方までのお茶会に花を咲かせたり自分の出来る範囲でお付き合いをしています。

いつ命が尽きるか知れぬ年齢に入ってきて自分の一生を振り返った時、無鉄砲な人生にあらためて気づかされている昨今、生まれて活かされてきた環境によって私が出来上がってしまった。

遺伝的なもの、常に廻りの環境、身近な人との出会い、知識を積み重ねていくことによっての思想的な考え、そのような生き様の中で人間は一人一人つくられていく。

そういう中での自分は必至で生きて来たにも拘らずこの程度、儚さが押し寄せて来る我が身は自然体の心で行動して行こうと決めたのでした。

久々の新宿高層ビル街の木々

b0105259_23460064.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2018-10-09 10:52 | 人間 | Comments(2)

神無月(10月)に入って

 もう5日です。私は何をしていたのでしょう!
あっちへ行ったりこっちへ来たり、眠っている場所もふっと目が覚めてここは何処?と錯覚を起こす。私の人生は流浪の民・・・

メロディーが流れてくるさすらい人・・・音楽の題名だけではない心の動きは果てしなく永遠なのです。

何をもぞもぞ言っているのかひとはひと、わたしはわたし、樹木希林の夫婦の絆、今日発表されたノーベル平和賞のお二人、もう人類の平和を祈るしかない。

b0105259_23461130.jpg
濁流

b0105259_23421501.jpg










[PR]
by madamegrimm | 2018-10-05 23:43 | 人間 | Comments(2)

いろいろ考える事多々

 今朝は蒸し暑い、今日も休日のよう・・・

最近は休日はあまり街に出たくない、何故ならば人人人で擦れ違うのも容易でない。

キャフェは何処も満席、電車は子供連れで賑やかなこと・・・。

ふー!よって積読本を開いては読み始めるのですが集中出来ない。

あれもこれもと頭を霞める日々の事、政治、経済、人間、そして宇宙。

あーあ、とうとうIchも霞む世界に突入か・・・。

先週、早稲田松竹でシビアな二本立てを観、一本は《ハッピーエンド》というフランス映画で前に《愛・アムール》という映画を観ましたが同じ監督で老人役も同じ方、13歳の少女とのシビアな結末に人間の心の綾が現代のインターネットSNSの世界と絡め考えさせられる画面にフランスの今の姿が浮かび上がって来るのでした。
もう一本は《ザ・スクエア》、これもギョッ!です。スエーデンの作品。

人間の計り知れない心は疲れます。

b0105259_08083714.jpg





[PR]
by madamegrimm | 2018-09-24 08:09 | 人間 | Comments(2)

本を読み映画を観て魂を想う

 『あの家に暮らす四人の女』(三浦しをん著)中公文庫を読み淡々と暮らす女性たちを見守る父親の亡霊がカラスとなって現われる奇想天外なドラマに思わず笑ってしまいお盆も過ぎてしまいましたが魂のことを考える・・・。

先程台風後の強い風が時々荒れる蒸し暑い日差しの中を銀座のシネスイッチまで出かけました。

フジコ・ヘミングのドキュメント映画を観に・・・。

この方は20年程前でしたでしょうか、公共テレビの遅い時間に放映され時の人になり私も強烈な印象で心に響き同じ名前の叔母を想い出し同時代の親しみで興味が湧いた方でした。

その叔母は76歳で静かにこの世を去りましたが大好きな女性だったのですが、その叔母と顔つきも生き様も何となく似ていてフジコ・ヘミングさんの自然体の姿に映画『フジコ・ヘミングの時間』という詩のようなリズムで人生を通り過ぎて行くドキュメントとなって彼女の国々の一時間が写しだされていくのです。

ドビュッシーの月の光、リストのため息、ラ・カンパネラ、ベートーヴェンの月光等々、聴こえてくる音はピアノなのに彼女が歌い、詩を口ずさんでいるように聞こえてきます。

まさにフジコ・ヘミングの世界です。強い魂が・・・見守っているのですね。

b0105259_22112597.jpg



[PR]
by madamegrimm | 2018-09-05 23:20 | 人間 | Comments(4)

しらす丼から日本精神・・・

ようやく関東は凌げる気候になりました昨日今日です。

昨朝は友たちと新宿西口で待ち合わせてしらす丼を食する目的で藤沢まで出かけてくる。

b0105259_14095244.jpg
西口の賑わい

b0105259_14111677.jpg
Fotoに映ってしまいました方々、お許しを!

さてJ嬢夫人とM嬢夫人と行動を共に小田急線で藤沢まで真直ぐです(@_@)

JRしか知らない古い私はまず驚き、そして藤沢駅ホームベンチにはお二人の美しきいにしえ婦人、駅には美しき藤沢夫人が車でお出迎え、連れて行かれた場所はしらす丼屋さんではなく何とかくれた素敵な日本料理屋さんの軒下に到着、そこには94歳になられるご高齢の美しきご婦人が・・・。

沢山の会話が弾む昼食を戴きながら日本精神史を考える。

今朝のZeitungに『二葉亭 挫折と理想』というタイトルが目に飛び込み明治150年の軌跡をひも解いている長谷川宏氏の記事を読んで今日ある自分の生き様が歴史を培ってきた人々によって今の生きる強さを与えてくれている・・・

昨日はあらためて個々の人間の運命を思い知らされた一日になりました。

帰路、藤沢の江ノ電を観ながら魚屋さんに寄りしらす干しを求め、家の夕食は一味違う湘南のしらす丼に舌鼓と相成りました。







[PR]
by madamegrimm | 2018-08-29 14:40 | 人間 | Comments(2)

酷暑の日々

 今年の猛暑を乗り越えようと必死です。

日中は外にも出られません。個々の家々がほとんど一部屋ずつエアコンを設置している・・・そのお蔭で気温上昇が著しい・・・体感温度40℃を超えています。

我が家は一階一台だけのエアコン、二階は窓を開けていると近所の家々、とりわけほとんど集合住宅、一部屋ずつの外置きクーラー機の空調風が諸に部屋に入ってきて居られたものではない・・・。

人間の住む空間ではない。

温暖化などと簡単に言葉を使って世の中を煽っているが人間が生きて行く最低条件は何か、この国は戦後から何も変わっていない・・・。

住民たちの話し合いなど皆エゴの凝り固まりで益々増長していく有様。

人の心の優しさを追求していくことが困難になり始めている。

黙るしかないのでしょうか・・・。

じっと我慢しているのも限度があります。

それでもこの酷暑の中を歩いて行くしかない、心から美しいものを求めて。

b0105259_11151923.jpg








[PR]
by madamegrimm | 2018-08-27 10:25 | 人間 | Comments(2)

新刊・白石一文氏の小説を読んで

徳間書店発行の新刊『一億円のさようなら白石一文』を読了。

ブログ友たちの影響で読み始めました。何と二日間で読み私にしてはものすごく速い読書です。

表紙に「いまを生き抜く大人たちに贈る極上娯楽小説」と金色で記してあります。

白石一文氏の本はいくつか読んでいますがある時期からちょっと避けていました。

久しぶりに読みやはり力のある方ですね。

物語の内容は加能鉄平という主人公が妻・夏代が渡米した伯母からの莫大な遺産を結婚後も知らずにいて、その遺産を軸に展開していく夫と妻の心の綾がテーマなのです。

まさに現代社会の歪みが夫と妻を切り離していく・・・

舞台は東京から九州そして石川県金沢へと移り鉄平の街々の表現が細かに写しだされその地の食べ物や人々との繋がりが見事に描かれています。

この小説を読んでいる間中、ブログ友のh氏が作者のように感じてしまうほど状況が似通っている内容で白石一文氏とダブりながら読んでしまったのでした。

吉田健一の『金沢』という小説がありますが、その時代とまた大きく町並みが違って現代風になり常民(この言葉は宮本常一が使っていました)の立場で今の地方都市をリアルに表現しながら夫婦の葛藤を絡ませていくのでした。

最後のどんでん返しには驚愕です。

お金は恐い!!でもこんな沢山の遺産がありましたら私なら沢田美喜のようになりたい・・・。

b0105259_21035116.jpg
やはり私は古い・・白石氏は作品をおもしろくすることだけを考えてきたそうです。ほんとうにおもしろいでした。






[PR]
by madamegrimm | 2018-08-12 21:06 | 人間 | Comments(4)

二日レンタカーを借りて

 台風13号に踊らされ急きょレンタカーを借りて山あいへ行ってくる。

何年ぶりでありましょう、車の運転は・・・。

もう一度免許証を今年取得してから、教習所での更新試験以来の運転です。

親しくしていました山あいの知人、その地に我が家を建てた時からお世話になりました享年90歳のSさんが亡くなり葬儀に参加してまいりました。

晩年はご主人亡き後、旧家の大きな家をお一人で守られ気丈な人生を歩まれてこられた方です。

長い一生、本当にお疲れ様でした。そして沢山ありがとうございました。

心からご冥福を祈ってご焼香させて戴きました。

今年の猛暑は異常でそのような中、車の運転は少々心配・・・それも最近の乗用車の操作が複雑でキー無しでエンジンがかかり、サイドブレーキが左足の奥についているのです。

初めドライブにしても硬くほんの少ししか進まない・・・ヘンなのです。
アハ・・そのサイドブレーキがかかったまま・・・進むワケがない!

このような調子で隣のお方、心配と心労で眠った振り・・・

勘を取り戻した頃には高速道路を走っているのでした。

関東地方直撃予報の台風13号も遠のき立秋もむかえ少し凌げましたが又猛暑がやってきます。

今日は長崎原爆投下記念日、亡き人々を悼みます。





[PR]
by madamegrimm | 2018-08-09 20:39 | 人間 | Comments(2)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧