2018年 11月 01日 ( 1 )

霜月・Novemberに入りました

寒くなってきました。
百人一首にこんな歌があります。

人も惜し 人も恨めし あち”きなく 世を思うゆゑに もの思う身は (後鳥羽院作)

解釈としては 人が愛おしくもあり恨めしくもあり思うようにはいかないこの世への愁いをうたっているのでしょうか…

秋も深まって来ますと何となく月も光り輝き、もの思うこころが湧き出でてきます。

先日、若山牧水の本を俵万智さんの解釈で読んだばかりでしたが今朝のZeitungに穂村弘さんが牧水出身の地・宮崎県で若山牧水賞(第23回とのこと)を受賞なさいました。

ブログ友たちとよく話題になる穂村弘氏、おめでとうございます。

早速書店で見てきましょう。

摩訶不思議な果物!

b0105259_23570210.jpg
日本古来からの秋の果物アケビです。中の実はそのまま種を出しながらいただく。
皮は洗って薄切りにし少量の油で炒め酒醤油で味付けする。
美味しいです。むらさき色が多いですが・・・これは茶色。















[PR]
by madamegrimm | 2018-11-01 13:04 | 未分類 | Comments(4)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧
更新通知を受け取る