フォーレのレクイエムを聴く

 山間の家で聴く音楽は物音ひとつしない静かな宵闇でこの季節の音楽、レクイエム・亡くなった方の魂が天国に迎え入れられるよう神に祈る鎮魂曲として多くの作曲家が作曲していられます。

その最たるフォーレのレクイエム、フィリップ・ヘレヴェッヘの向こう盤が置いてあり聴き始めました。

こわ~! よくもこれだけ魂を感じさせる曲があったものだとあらためて聴き入ってしまい教会人間として育っていったフォーレの信仰心に圧倒されたのです。

天に近くなってきた私の魂は音楽を聴くたびに最近は人間の精神と肉体のバランスが少しずつずれてきている生者として三次元四次元を彷徨う作曲者の音に翻弄されていく・・・。

もうすぐやってくるクリスマスを子供心で楽しまなければと次の日、バッハのクリスマス・オラトリオの太鼓の音から始まるリズムに乗って部屋片付けを楽しむのでした。

私なりの音楽鑑賞日々でござりまする・・・。





[PR]
Commented by k_hankichi at 2018-11-08 17:52
だいすきな曲です。しかもヘレベッヘ。良いなあ。
Commented by maru33340 at 2018-11-08 22:37
はい、ヘレヴェッヘの「レクイエム」、ほんとうに美しい演奏ですよね(^^)
Commented by Oyo- at 2018-11-08 23:20 x
はんきちさま あの美しき少年の響き、キリエでしたか・・・神が降りた曲ですね(^^♪
Commented by Oyo- at 2018-11-08 23:27 x
maruさま そうなんです、ヘレヴェッヘには参りました(*^^)v
by madamegrimm | 2018-11-08 11:29 | クラシックはお好き? | Comments(4)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧
更新通知を受け取る