浜辺の歌

 晩夏の季節になりますと感傷的になってきて、このやるせない残暑と共に過去の夏が甦ってきます。

10年以上前でしたか、家族で東北を通って秋田県に入り、竿灯祭りを見て山形、新潟を経て関東に戻る車の旅でした。

その秋田の長閑な平地と川の真ん中に作曲家‘成田為三’の記念館があります。

静かな落ち着いた故郷、ここで彼は育ち、芸大時代に{浜辺の歌}を作曲したのです。

1916年(大正5年)頃です。

その後ドイツに留学し、沢山の作曲をなさったようですが戦争でほとんど焼けてしまったそうです。

敗戦の年53歳でなくなりました。

何て美しい名曲でしょう!

Ichは林古渓作詞成田為三作曲「浜辺の歌」が大好きで二十数年前、山間のコンサートでこの歌と「プレジーダームール」を独唱したのでございます。いやはや・・・



 この場面は2011年3月11日津波原発事故後の夏、静かに日本の美を表現したい気持が伝わってきます。浜辺の歌と共に・・・。









 
[PR]
Commented by otaman ! at 2012-08-27 05:57 x
J'ai lu et merci pour commentaire.

How is Japan getting along, although it seems that the hot day continues in the past several years?
The past several year weather of Madrid is strange.
Has something happened on a global scale?
Is the Senkaku Islands a Japanese territory?
Commented by madamegrimm at 2012-08-27 11:28
Comment,merci,monsieur.
Pardon・・・Votre nathonalite'? Espagnol? ou・・・

by madamegrimm | 2012-08-26 12:31 | クラシックはお好き? | Comments(2)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧