<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カズオ・イシグロ氏のノーベル賞スピーチから

 寒い朝をむかえ変なニュースが飛び交う中、スエーデンやノルウェーの北欧でノーベル賞の授賞式の様子が伝わってきます。

イシグロフアンにとってスエーデン・ストックホルムでの授賞式の模様は興味の対象でした。

今朝のZeitungに晩餐会のスピーチ全文が載っていました。
記念にここに記させて戴きます。彼独特の思いが綴られていて心動かされました。

 両陛下、両殿下、紳士淑女の皆様。
持っていた本のページ全体を占めるように彩り豊かに描かれた大きな顔を鮮やかに覚えている。外国人、それも西洋人の顔。浮かび上がる顔の後ろの片側には、爆発による煙とちりがあった。もう一方には爆発の中から天空へ飛び立つ白い鳥たち。五歳の私は、日本伝統の「タタミ(畳)」にうつぶせになっていた。
印象に残ったのは多分、ダイナマイトを発明しながら、その使われ方を危ぶんだ人物が「ノーベルショウ(賞)」を創設したという物語を聞かされた時、後ろからの母の声に特別な感情が詰まっていたからだろう。私が初めてノーベル賞という言葉を耳にしたのは日本語だった。母は「ノーベルショウ」が、平和や調和を意味する「ヘイワ」を促すためのものと言った。私たちの街、長崎が原爆により壊滅したわずか14年後。幼いなりに「ヘイワ」は大切なもので、もしそれがなければ自分の世界が恐ろしい何かに侵されるかもしれないと知っている。
 ノーベル賞は、多くの偉大な思想がそうであるように、子どもにも理解できる素朴なものだ。だからこそ、恐らく、世界の想像力を強くかき立て続けているのだろう。自分の国の誰かがノーベル賞を取った時に感じる誇りは、自分たちの選手が五輪のメダルを得た場面を見る時に感じるものとは異なる。
自らの民族が他より優れていると誇りを感じるのではない。それよりも、仲間の一人が人類共通の努力に意義深い貢献をしたと知ってもたらされる誇りだ。
呼び覚まされる感情は、もっと大きく、調和をもたらす感情だ。
 私たちは今日、民族同士が敵意を増幅させる時代に生きている。共同体が、激しく反目しあう集団に分裂する時代。このような時代にあってノーベル賞は、私の分野である文字のように、分断の壁を越えて考えさせ、人類として共に取り組むべきものは何かを思いおこさせてくれる。世界中どこでも常にそうであったように、母親が幼子に勇気を与え、希望を与えるために話すような内容だ。
この栄誉を受けて幸せかって?もちろんだ。びっくりさせる知らせを受けてすぐに、九十一歳になる母に電話した時、思いがけず「ノーベルショウ」と呼んだ、その賞を受賞できるなんて幸せだ。
私はそのおおよその意味をあの時、長崎で理解した。今は、その意味をしっかり理解したと信じている。その物語の一部に加わることが認められ、畏怖の念を抱いている。ありがとう。(ノーベル賞のウェブサイトに掲載されたテキストによる)



海外での生活者からの素直なお気持ちが文面に表れていて5歳からの異国でのご経験の賜物でいらっしゃいます。本当におめでとうございました。

今日はブログ友より知った小津安二郎監督の命日でもいらっしゃるそうで、数日前そのいわれの地を訪れ海を眺めてきて感慨無量でございます。

b0105259_12285257.jpg


b0105259_19330946.jpg










[PR]
by madamegrimm | 2017-12-12 12:30 | 人間 | Comments(2)

茅ヶ崎館へ一泊旅行

 昨日今日と楽しい旅行をしてくる。

降り立った場所は小津監督所縁の旅館

b0105259_19140825.jpg
東海道JR茅ヶ崎駅南口からサザン通りを歩くこと約20分、隠れたように静かに佇む茅ヶ崎館、戦前から小津安二郎監督が原稿を書くために宿泊していた旅館です。
b0105259_19253586.jpg
歩いてすぐの所には茅ヶ崎海岸が・・・
夕食、女性3人、皆女王蜂なのでビールお酒(久保田万寿と神奈川地酒隆)ワインとおしゃべりにも花が咲き、食卓の美味しい素敵な料理のフォトを撮るのをすっかり忘れる程・・・。
朝食は撮りました。

b0105259_19284828.jpg
そして小津監督が宿泊していた部屋も見せて戴き監督たちご自分たちでのスキヤキ食事会で天井が黒くなってしまったとのこと。

b0105259_19275308.jpg
昔ながらの旅館風情でお風呂以外は水道の蛇口は水!
久しぶりに冷たい水での洗顔は身が引き締められました。

10時チェックアウト後、海岸沿いを歩いて近くの開高健記念館にも足を運び、男のロマンの世界を覗いてくる。

歩くこと13000歩、良き疲れの一泊旅行でした。

b0105259_19441014.jpg
少し奥に入った場所で迷い茅ヶ崎沿岸住宅街も見る。

b0105259_20411979.jpg
こちらも開高家の庭でした。

もういちど茅ヶ崎館↓

b0105259_11291096.jpg

b0105259_11282629.jpg
小津安二郎が宿泊していた窓辺には酔芙蓉の花が四季を楽しませてくれていたようです。




















[PR]
by madamegrimm | 2017-12-09 19:44 | 人間 | Comments(4)

師走を歩く

 5000歩程歩いてくる。

b0105259_17580619.jpg
黄色の落ち葉

b0105259_17593348.jpg
デニーズでひと休み

b0105259_18005849.jpg
ジェノベーゼと云いましたか、バジルのパスタ類大好き。

通り道に赤いピーマンがひとつポツンと。

b0105259_18014384.jpg
関東はそれ程寒くない大雪の日でした。








[PR]
by madamegrimm | 2017-12-07 18:06 | 樹木草花 | Comments(2)

最近の「おしゃべりクッキング」の魅力

 最近、歳の所為か料理への意欲が薄れてきています。

高齢の体調も考慮しての食事作りは昔の献立が食卓を飾るようになってきてマンネリ化してきている自分に外食も魅力なく一人ワインを開けたりビールのツマミ程度に作ってはいるのですが・・・

そこに何と上沼恵美子の「おしゃべりクッキング」の料理に魅力を感じるようになってきました。
特に西洋料理の小池先生とおっしゃったか、若手でまだ独身のようですがなかなかたいしたシェフで今日の料理も簡単どこでも手に入る食材レシピで早速作ってみました。

『きのこのカルボナーラ・グラタン』
材料(2人前):卵2個、ベーコンかたまり80g、シメジ60g、エリンギ1本、アスパラガス4本、
白ワイン大匙1、生クリーム100ml、オリーブオイル、塩、こしょう、バルメサンチーズ大匙1、以上です。

作り方:フライパンにオリーブオイルをしき1㎝角の拍子切りベーコンを入れ、火を点けて少し色づくまで炒めましたら、輪切りにしたエリンギ、ほぐしたシメジ、アスパラガスは5等分くらいに切ったのを一緒に加え、塩小匙1を振りかけてしんなりするまで炒める。
そこに白ワインを加えアルコール分をとばしてから生クリームを加え1分煮て火を止めます。
グラタン皿に移してまわりにバルメサンチーズと黒コショウをふります。
まん中に生卵をおとして温めておいたオーブントースターで7分焼いて出来上がり!

b0105259_19524356.jpg
ワインとピッタリ、美味しいでした。(ご覧になった方が多いかも知れませんが^^)









[PR]
by madamegrimm | 2017-12-05 19:53 | 「新」文章で綴る料理 | Comments(2)

ラヴェル『ボレロ』への郷愁

 ブログ友より触発されてフランスの作曲家モーリス・ラヴェルの事を思い出しております。

昔、パリのシャイヨウ宮広場でバレーダンサー、モーリス・ベジャールがその野外ステージでバレエ曲『ボレロ』を披露しました。

暗闇迫る夕方からの夏の公演でしたが、丁度始まる少し前から猛烈な夕立があり、ステージが雨でビショビショです。

観客席の椅子もビショビショ・・・

雨は止みました。何とボレロの音楽が鳴り始め、かの有名なダンサーたちが次々に登場して目の前で踊りが繰り広げられていきます。

床の水など気にもせずその水滴をまるで計算に入れているように踊り手たちは次から次へと滑りながら踊っているのです。

圧倒されて行くうちにクライマックス!

そしてベジャール登場です。

その演出は見事でベジャール先生の個性溢れるオーラはその後、かなり遅れて日本にも知れ渡っていくのですがダンサーたちの美の奥深さに感動したものです。

ベジャールはもう亡くなりましたねー。

b0105259_12523209.jpg






[PR]
by madamegrimm | 2017-12-03 12:53 | フランス事情 | Comments(4)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧