Oyo-の日々

grimm.exblog.jp

私の日常(madame grimm)

<   2015年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

山あいの雪

 雪になりそうで前日より山間へ待機・・・warum?weil去年の大雪の後、なかなか行けなくしっかりと残雪が玄関前に残っていて恥ずかしいでした。

今年はそれ程積もりませんでしたが一面真っ白の庭に

b0105259_20443235.jpg


昨日は雪かきをしてお腹が冷えたのか少し体調を崩し今日まで様子をみたのです。

今朝は澄みわたった空と雲

b0105259_20484451.jpg


早朝には珍しい鳴き声の小鳥さんが来ていて、いつもはヒヨドリで少々うんざりでしたが、何て可愛い声でしょう。どうも大きくなったサザンカの木にいた模様・・・

ユーチューブで検索しましたらやはりメジロのよう、見えなかったのですごく残念!

メジロさんの鳴き声をUpします^^

[PR]
by madamegrimm | 2015-01-31 20:52 | 未分類 | Comments(2)

まだ春は・・・

 睦月も月末です。

世界の複雑な人間の絡みには心を痛めます。優しさと愛で地球上を美しくしたいです。

まだ春は・・・散歩の途中で

b0105259_10251083.jpg


家の中には一輪のチューリップを^^

b0105259_10282881.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2015-01-29 10:30 | 樹木草花 | Comments(2)

藤谷治氏の渾身作を読む

 つい先日のZeitung夕刊に藤谷氏のFoto入りインタヴューの記事が載っており少しびっくりいたしました。

数年前でしたでしょうか、h氏のブログに下北沢に書店を持ちながら執筆活動をなさっていらっしゃる方のことが記されていて私もユニークな文を書かれる方と(モッツアレラ・・・等)お店を捜し訪ねたのでした。

本人が居られ一冊求めサインを頂いたのですがチェロケースが傍に置いてあってやはり音楽に造詣が深い方なのだなーと思いながら作品を読んだものです。

記事の写真にはその時の印象よりさらに深いお顔になって写っています。

そして第31回織田作之助賞をお取りになったのです。題名は『世界でいちばん美しい』!(小学館発行)

探してやっとみつけました。

彼らしい文章で進んでいきます・・・。舞台は鎌倉、せった君と僕との出会いから徐々に徐々に大人の世界へ誘い複雑な人間関係に発展していく構成に新境地の藤谷氏を感ぜずにはいられない作品になっていました。

読み応えのある内容に脱帽です。

初期の作品に『アンダンテ・モッツアレラ・チーズ』がありますが、その表現に確かマイブログにシャガールの絵の様、と記した覚えがありますが、こちらの作品は少しオーバーですが現代版的ドストフエスキーを思い浮かべるくらいの深みを感じる程でした。

b0105259_2262055.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2015-01-27 21:59 | 人間 | Comments(4)

ラヴェルの透明な苦み

 ブログ友人のm氏のお言葉を拝借してしまいましたが、「透明な苦み」・・・素敵な言葉です。

ラヴェルがあらためて聴きたくなりました。

家のCDケースからさがしておりましたらSohnが求めたのでしょうか7,99€と値段が張ったままのRAVELが見つかりました。何と私の大好きなサンソン・フランソアの演奏です。

『ピアノ協奏曲』とピアノ曲『夜のガスパール』。

協奏曲のオケはコンセルヴァトワールのグループの様、指揮アンドレ・Cluytens,大変フランス的でフランソワの素晴らしさが浮き出ています。

あらたな聴き方によってラヴェルの本質が見えてきて嬉しい昨今です。


b0105259_8435772.jpg

旬の金柑、私のこの季節のビタミンC・・・ラヴェルとは関係ございませんが僅かな苦みが共通^^
[PR]
by madamegrimm | 2015-01-26 08:44 | クラシックはお好き? | Comments(4)
 昨日は大寒、今日は寒い雨がシトシトと降っています。

春を見つけに午前中歩いてきましたが、まだどこにもみつけることができませんでした。

昨夕から哀しいニュースが入ってきて私たちのこころを恐怖に陥れています。

国を司っていらっしゃる皆さまの知恵を期待します。

CD、見つけてきました。ブログ知人numabe氏の影響でリヒャルト・シュトラウスの曲です。

*Don Juan(ドン・ファン)
*Tod und Verklärung(死と変容)
*Till Eulenspiegel lustige Streiche(テイル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら)
*Vier letzte Lieder(四つの最後の歌)
  
この『四つの最後の歌』が聴きたく求めました。

ドイツに居ました頃、ベルリン芸大やハンス・アイスラーなどの音楽学校の演奏会によく聴きに行き、学生さんたちの演奏を楽しませていただいている頃、声楽科の方々が歌われたり何度か聴き、美しい曲だなーと心に残っていた作品です。N氏のお薦めはまだみつけられませんがエリザベート・シュワルスコップのがあり、なんと他曲はウイルヘルム・フルトウェングラー指揮です。

このVier letzte Lieder(四つの最後の歌)は指揮がオット・アッカーマン(Otto Ackermann)です。

Ⅰ『春』 Ⅱ『九月』 Ⅲ『眠りにつくとき』 Ⅳ『夕映えの中で』 このうちの夕映えの中で以外の三つはヘルマン・ヘッセの詩です。

Ⅰの『春』だけドイツ語で記してみます。
Frühling
In dämmrigen Grüften träumte ich lang
von deinen Bäumen und blauen Lüften.
von deinem Duft und Vogelgesang.

Nun liegst du erschlossen
in Gleiß und Zier.
von Licht übergossen wie ein Wunder vor mir.

Du kennest mich wieder,
du lockest mich zart.
es zittert durch ail meine Glieder
deine selige Gegenwart!  (Hermann Hesse詩)

シュワルスコップの美しさが極めています。

b0105259_1891686.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2015-01-21 18:06 | クラシックはお好き? | Comments(6)
b0105259_0221996.jpg


『Le MONDE ANCIEN』より 西脇順三郎詩集(岩波文庫)

新年初詩集読み

『天気』

(覆された宝石)のような朝
何人か戸口にて誰かとささやく
それは神の生誕の日


冒頭より何か打たれる

落ち着かない余裕のない日々でありますが西脇氏の大きな詩に心奪われる今日この頃です。
[PR]
by madamegrimm | 2015-01-19 00:41 | クラシックはお好き? | Comments(4)

削除しました

b0105259_14221079.jpg


人を批判することはやめます。自分の精神に合わなく気分が悪いので・・・。時の首相であろうとも。
[PR]
by madamegrimm | 2015-01-18 14:21 | 未分類 | Comments(0)
 日々追われる一年の始まり

 デジアナ変換ネット乗り換え

 外壁梯子が走る家中走る工事人

 風呂場修正ここでも動く工事人

 世の激動と共にマッサンの飛躍と共に

 時代が変わる変化の中で眠れぬ夜が続いている

 花園へ向かってゆっくり歩こう

  トンテンカン トンテンカン(はんきち氏続編、合作^^)





 




 
[PR]
by madamegrimm | 2015-01-17 08:20 | 人間 | Comments(2)

黄色の薔薇

b0105259_13293981.jpg


可憐な黄色いバラを暮に見つけました。

花言葉は友情、希望、です。ジェラシーの意味もあるようですがそれはイケません。

回りに可愛い草花の鉢を置いて玄関を出るたびに冴える黄色が美しいこと。

沢山の花に囲まれたいなー。

昔、「秘密の花園」などという美しい題名に惹かれました少女小説がありました。

小公子や小公女、嵐が丘やジェーン・エアー、子ども時代に入ってきた少女小説はほとんどイギリス西洋物、夢中で読みました世界が今・・・。

飛躍しました。薔薇の美しさに惑わされ・・・。

b0105259_13494135.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2015-01-13 13:49 | 樹木草花 | Comments(4)

自由・平等・博愛の精神

 鏡開きの今日、お供え餅を戴いて新年の行事も一区切りです。

お正月から慌ただしい我が家でありますが、世界も大変な事件が又もやフランスに起こり、私は宗教戦争が始まったような気がしてこころ落ち着きません。

根深いヨーロッパの人種問題や宗教が今残酷なかたちで迫ってきています。

人間の宿命と片づけてはいけないとおもいます。

フランスの国の自由・平等・博愛の理想を求めてパリに集中し協力し合おうと努力してきました文化が宗教の違いによって崩れ去ってよいものか・・・世界中が考えなければならない時代に入ってきました。

いま私はラジオのドイツ語講座を聞いているのですが、応用編でドイツの歴史を「不思議の森」という場所に黒猫イクラという日本語とドイツ語を操る登場人物を設定し、ドイツ・オーストリアの歴史上の有名な人とその森で出会って様々な内容の会話をするのです。

ゲルマン人の時代から現代世界まで幅広い人間の歴史を垣間見ることが出来(いえ、垣間聞くでしょうか・・・)、ほとんど戦いによって国が成り立っていくことに今更ながら人間のエゴに圧倒されるのでした。

小さいときに学んだその自由と平等そして博愛精神こそ私にとって理想の思想でした。

どうか皆のこころが落ち着きますよう祈るしかありません。
[PR]
by madamegrimm | 2015-01-11 14:22 | フランス事情 | Comments(4)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou