困りました・・・

 何が困りましたかと申すことは最近の本が何を読んでも面白くないなんて相も変わらず生意気なスタートを切ってしまいますが当たり障りのない本ばかりを買い求めてしまい値段も消費税Upのために加算され年金生活者には到底追いつかない価格となって押し寄せてきては読みたい本も読めず神田の神保町に行って探そうとしても疲れ果ててくる状態になりドトールなどに入って飲みたくもないコーヒーを注文してふてくされてしまう昨今なのであります。
よってクラシック音楽にしか興味が沸かずただただ静かに流れていく空想の世界に浸っていくのでした。
街を歩くのもたいした興味を引くものもなく自然と花屋さんに足が止まりまだ可愛い白いスイトピーが片隅に並んでいて3輪だけ求めて既に活けてあるコップの花束につけたして小さな喜びに心躍らせる有様です。

b0105259_16592873.jpg


白いスイトピーの花言葉 : ほのかな喜び
[PR]
by madamegrimm | 2014-04-30 17:09 | 人間 | Comments(2)

山あいのハナミズキ

 数日、山間に出かけましたら、あちらこちらでハナミズキの花が目につきます。

b0105259_1855287.jpg


途中の街路樹にも色とりどり・・・、この品種は日本古来の花ではありませんが、最近は郊外の庭先でも植えているお宅が多々みられます。

b0105259_18565754.jpg


山あいの我が家の庭にも10年程前、小さな植木を土にさしてみました。ようやく2.3年前から花をつけ始め、今春は大分背がのびてきています。

b0105259_18575916.jpg

b0105259_18583838.jpg


柿の木も新芽を出しはじめ、地面は緑の絨毯です。(この緑、ヘビイチゴの葉です。ウフ)

帰りのバス停の後ろの山より、鶯の鳴き声がすぐ近くから「ホーホケキョ」と・・・、そしてそのご返事が違うトーンで「け・・きょ・・、ケケキョ・・・」と何ともおかしな鳴き方です。
バスが来るまで、一緒に合わせて私も微かな口笛で「ホーホケ・・キョ」と三重奏をして楽しんできました。

b0105259_185950100.jpg

バスの中より

ハナミズキの花言葉;おだやかな心

昔いろいろお世話になりました近くの90歳前後の友人たちと出会い、Sohnの幼いころの話をしたり、日向ぼっこをしながら思い出話に花が咲きました。

そのご高齢のおばあさまと歩きながら、タンポポが綿帽子になり飛んでいった後の茎をつんで、2センチ位の長さに折って先を歯でちょっと噛み、笛にして吹くのです。大きな音が山間に鳴り響きました。何てお上手なこと!

おだやかな心になりました。

b0105259_20185821.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2014-04-28 18:34 | 樹木草花 | Comments(4)

ツツジの駅駒込へ

よいお天気で又山手線駒込の駅から本郷通りを右へ1キロ位の庭園、旧古河庭園へバラを見に行きましたがまだかたい蕾でした。(因みに駅前大通り左に行きますと六義園があります。)

b0105259_23474853.jpg


キモッコウバラのみ・・・

b0105259_2349636.jpg


木々の中を歩くと茶室が…

b0105259_23505126.jpg


チューリップはもう終わりそう

b0105259_23514561.jpg


ハナミズキは美しく咲いています。

b0105259_23531676.jpg


只今25日になりました、mein SohnのGeburtstag。

庭園の帰り、女子栄養大学キャンパス内`le printemps'でケーキをゲット!
b0105259_10341570.jpg


ツツジの駅へ又
b0105259_10384525.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2014-04-25 00:02 | 樹木草花 | Comments(2)

ロダンの彫刻より

先日、上野に行きました時に国立西洋美術館の前庭にロダンの作品がいくつかあり、ここ数日思い出に浸っていました。

愚歌をフランスの思い出と共に・・・。

イギリスに 占領された 百年戦争
          カレーの市民  ロダンが示す


b0105259_20234047.jpg


地獄門  ダンテの新曲  ひもといて
         一切の希望  捨てて潜る我


b0105259_20283992.jpg


フランスの  最南端に  旅をして
         水平線まで  泳ぐ相棒


コルス(コルシカ島)の外れの地中海、おチビのmon filsを砂に埋め遊び、澄みわたったさざなみが私の記憶から遠ざかっていく・・・。

b0105259_20425397.jpg

                           上野のツツジ


先ほどオバマ氏来日。
[PR]
by madamegrimm | 2014-04-23 20:43 | フランス事情 | Comments(4)

上野都美術館へ

50年前二十歳頃でしたでしょうか・・、初めて20世紀の画家バルテュスを知ったのは・・・。

少女の作品を見てから心のどこかに強く印象に残っていた画家でした。

日本で観るのは初めてです。

19日から始まりましたが混まないうちにと出かけてきました。

どんよりとした寒空でしたが鶯谷の方から国立博物館の横を通り会場へ。

b0105259_1046436.jpg


b0105259_10473137.jpg


バルテュスはフランスの画家ですが波乱にとんだ20世紀を過ごした方で、猫を愛し、独学でイタリアのフランチェスカを模写しにルーブルに通い独自の世界を築き上げていったそうです。

小説「嵐が丘」を自分の青春と絡めながら挿絵シリーズも並べられています。

リルケに認められパリでの初出品ではセンセーションを起こした様子・・・。

大変印象に残る作品群でした。

b0105259_11164751.jpg



自分としては、あとブルゴーニュ地方の「樹のある大きな風景」が観ていてなにかホッとしたものです。

帰路、西洋美術館の中のレストランで中庭を眺めながらひとり静かにブイヤベース風鯛スープスパゲティを戴いてきたのでした。

b0105259_1155355.jpg


b0105259_1164056.jpg
美味!
[PR]
by madamegrimm | 2014-04-21 11:07 | 人間 | Comments(2)

イースター(復活祭)

マタイ受難曲のクライマックス、人々が集まっているところでピラトが言う「なんじら誰を赦さんことを願うか、バラバかイエス・キリストか・・・」。

民衆は言う「「バラバ!」 と答えてしまいます。

そしてイエスは十字架につけられ葬られ、三日後に復活されるのです。

世界の多くの人々はこの苦しみから救われます。

素直にイースターを喜びたいと思います。

b0105259_1004489.jpg
もうツツジが満開の母の家。

b0105259_1022751.jpg
通り道にレモンの小さな木が・・・

b0105259_1042028.jpg


ツツジの花言葉:「節制」 「愛の喜び」
[PR]
by madamegrimm | 2014-04-20 10:04 | 人間 | Comments(4)

寒い日には

何て寒い日でしたでしょう。

こんな時はシューベルトのソナタを・・・



ウイーンの三羽烏のお一人、パウル・バドラ・スコダです。ま、よろしいでしょうか・・・。

リヒテルは・・・





聴き比べながら静かにおやすみなさい。
[PR]
by madamegrimm | 2014-04-18 23:11 | クラシックはお好き? | Comments(4)

草花二壇

草花も春たけなわです。

ちょっと用事で山間まで強行軍・・・、今朝は疲れでうとうとと春眠暁を覚えず・・・。

庭には可愛い花たちが楽しんでいました。

b0105259_12512871.jpg


数年前に黒チューリップの球根が今年は何故か紫チューリップ

b0105259_12534276.jpg


紫陽花の若葉

b0105259_12553538.jpg


ラッパ水仙はもう下を向いてしまいましたがすみれビオラがこんなところにも^^

b0105259_12574367.jpg


夕闇せまるバス停で、後ろの杉山から何やら動物たちの声が・・・、早くバス来てー!
[PR]
by madamegrimm | 2014-04-17 13:00 | 樹木草花 | Comments(2)

散歩醍醐味

 
b0105259_21123496.jpg
キンカンの木がほしい・・・

何故かなかなか根付かないのです。もうあきらめましたが、歩いていると目にとまります。

b0105259_21161123.jpg
コンクリートの間から、こんなに可愛いすみれビオラが咲いていました。

それこそモーツアルトの歌ではありませんが、踏みつけられないように願うばかり。

b0105259_21223269.jpg
チューリップもあちこち咲いています。

b0105259_2324591.jpg
これは何かな…



少々、ファティゲ・・・







 
[PR]
by madamegrimm | 2014-04-14 21:24 | 樹木草花 | Comments(4)

今日も母と

いつもの場所に降り立ちました。

50年以上も前と、さほど変化のない道行き、昔は都電が真ん中を走っていたものです。

b0105259_18392458.jpg


良いお天気、母も待ってくれています。

ちょぴっと、このブログに載せた短歌を数首、筆ペンで書いて持っていきました。

長姉は苦笑いをしていましたが、 母は笑顔が・・・。^^

ワザとふざけて百人一首のごとく節をつけて歌いました。うふふです。

そしてまたローレライと四季の歌を一緒に歌って‘赤トンボ’(母の好きな)のサンドイッチを戴き今日の訪問は終わりです。

いつもの花屋さん、バラが可愛く笑っていたのでした。

b0105259_1849831.jpg


母はもうすぐ100歳。
[PR]
by madamegrimm | 2014-04-12 18:49 | 未分類 | Comments(6)