「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

朔太郎の詩集より

 如月(きさらぎ、2月)も今日で終わり。

昨日までのあの寒さはどこへ行ったのか・・・、いよいよ明日からIchの月、弥生です。

髪をカットして颯爽と街を歩いてきましょう。土の下の生きものたちも、木の幹の生きものたちもみ~んな動き始めます。

春です。朔太郎詩集にこんな詩が載っていました。

  ‘春の実体’

  かずかぎりもしれぬ虫けらの卵にて、
  春がみつちりとふくれてしまつた。
  げにげに眺めみわたせば、
  どこもかしこもこの類の卵にてぎつちりだ。
  桜の花をみてあれば、
  桜の花にもこの卵いちめんに透いてみえ、
  やなぎの枝にも、もちろんなり、
  たとえば蛾蝶のごときものさえ、
  そのうすき羽は卵にてかたちづくられ、
  それがあのやうに、ぴかぴかぴかぴか光るのだ。
  ああ、瞳(め)にもみえざる、
  このかすかな卵のかたちは楕円形にして、
  それがいたるところに押しあひへしあひ、
  空気中いっぱいにひろがり、
  ふくらみきつたごむまりのように固くなつてゐるのだ、
  よくよく指のさきでつついてみたまえ、
  春といふものの実体がおよそこのへんにある。

                          「月に吠える」より

萩原朔太郎の詩は情景が浮かび、音が聴こえてきたり、まさに幽邃(景色などがもの静かで奥深いこと)!

もう一つ記したい。

  ‘時計’

  古いさびしい空家の中で
  椅子が茫然としているではないか。
  その上に腰をかけて
  編物をしている娘もなく
  暖炉に坐る黒猫の姿も見えない
  白いがらんどうの家中で
  私は物悲しい夢を見ながら
  古風な柱時計のほどけて行く
  錆びたぜんまいの響を聴いた。
  じぼ ・ あん ・ じゃん! じぼ ・ あん ・ じゃん!
  
  古いさびしい空家の中で
  昔の恋人の写真を見てゐた。
  どこにも思い出す記憶がなく
  洋燈(らんぷ)の黄色い光の影で
  かなしい情熱だけが漂ってゐた。
  私は椅子の上にまどろみながら
  遠い人気のない廊下の向うを
  幽霊のやうにほごれてくる
  柱時計の錆びついた響を聴いた。
  じぼ ・ あん ・ じゃん! じぼ ・ あん ・ じゃん!
               
                     「定本 青猫」より


*じぼあんじゃん!じぼあんじゃん!なのですが間をあけましたのはIchの誇張です^^







  
by madamegrimm | 2013-02-28 13:46 | クラシックはお好き? | Comments(0)

Mutter

 ここのところ、入院中のMeine Mutterのことが気になり、日々気もそぞろです。あと1年少しで百歳。

最後の力を振り絞っている姿をみていると人間の哀れが押し寄せてきて、生きるを全うすることの苦しみがIchに襲い、安らぎとは死しかないのか・・・自分に問い続ける。

Mutterはベッドの上で常に落ち着いた幸せな表情を子等に見せてくれてはいるのだが、きっと深い信仰(仏教)によって精神を研ぎ澄ましているのだろう。

尊厳に値するが、子として背中を擦るくらいで何もできず、自分の気を紛らすために映画を観にいったり、詩や小説を読んだりする昨今。いつものことなのであるが気はそぞろ・・・

  ああ このいろいろのもののかくされた秘密の生活
  かぎりなく美しい影と 不思議なすがたの重なりあふところの世界
  月光の中にうかびいづる羊歯(しだ) わらび 松の木の枝
  なめくち” へび とかげ類の無気味な生活
  ああ わたしの夢によくみる このひと住まぬ空家の庭の秘密と
  いつもその謎のとけやらぬおもむき深き幽邃のなつかしさよ
                         「夢にみる空家の庭の秘密」より  萩原朔太郎 作
by madamegrimm | 2013-02-26 18:16 | 人間 | Comments(0)

山あいは粉雪

 今朝九時の山あいは晴天ですのに粉雪が舞っていました。

b0105259_10382561.jpg


 最近、自分を苦しめている何かがあり、昨日から山あいでひとり思いに耽っているとき、森有正がこんな事を書いているのです。

‘老いとは自己を知覚することであり、その知覚の欠けている状態が青春である。’

う~ん、それを意識してしまったIchは‘老い’の現象・・・。

意識しなければ、反対にいつまでも青春、若くいられるのか・・・。

人の一生は健康であれば、百歳までいける今の時代、考えただけでも正直辛い・・・。

生かされているということは何ものかのおかげであるということをよく肝に銘じて、敬虔に生きる・・・、ハッ、はい。

b0105259_11485950.jpg

by madamegrimm | 2013-02-24 10:55 | 樹木草花 | Comments(0)

ブラームスの歌曲

まだ外は大変に凍てついています。

今日は一日冷たい風にさらされ、このような日は夜はゆっくり歌曲でも聴きましょう、と用事の帰り、レコード屋さんに寄ってCDを選んできました。

ブラームスの歌曲集です。歌っているのはHerrペーター・シュライヤー。

先日から再読でガイリンガーのブラームスを読み直して大作曲家の一生を分析したりして楽しんでいますが、大曲の合間を縫って色々な詩から美しい作曲をし、シューベルトやシューマンとはまた異なった旋律は心を揺さぶられます。

ブラームスの生まれ育った北ドイツのハンブルグと、後半は明るいウイーンでの生活で生涯を過ごし各地からの霊感を得ながら、明暗の一生は歌曲によって豊かなものに益々繋がっていったのではないでしょうか。

 クララの子どもたちに聴かせたくて(多分・・・)作曲した有名な子守歌Wiegenliedを記しておやすみなさい。

Guten Abend, gut' Nacht,
Mit Rosen bedacht,
Mit Näglein besteckt,
Schlupf unter die Deck:
Morgen früh, wenn Gott will,
Wirst du wieder geweckt.

Guten Abend, gut' Nacht,
Von Englein bewacht,
Die zeigen im Traum,
Dir Christkindleins Baum:
Schlaf nun selig und süß,
Schau im Traum ’s Paradies.

 おやすみ おやすみ
 ばらの屋根の下で
 カーネーションをさして
 お布団にお入り
 明日の朝になれば
 また目が覚めるから

 おやすみ おやすみ
 天使たちに見守られて
 夢の中に現れ
 クリスマスツリーを見せてくれるよ
 さあ眠りましょう幸せに甘く
 夢の中でパラダイスをみましょう
by madamegrimm | 2013-02-16 23:29 | クラシックはお好き? | Comments(0)

パン事情

 早春とは云うものの、本日も寒い一日です。

日本の気候は湿気が多いので寒さが一段と身体に響きます。

 今日のタイトル、パン事情でもはっきり国々の気候と習慣があらわれていて、久しぶりにデパートで購入したドイツのパンを今朝頂きながらベルリンのデパートを思い出しました。

b0105259_1282056.jpg


これらのドイツのパンは、グリム童話を思い出したくなるような奥の深いパンの歴史があるようです。

 初めてベルリンでお世話になりましたFrauから、その当時KaDeWeという西側の一番の高級デパート内のパン売り場につれて行っていただいたとき、ドイツ中のあらゆるパンが陳列されていて、何を買っていいのか戸惑ってしまったものです。

どれも粉をしっかり練りあげた硬めのパンが多くはじめは戴くのに躊躇しましたが、慣れてくると何て味わいのあるコクのある味でしょう。

酸味のあるもの、木の実をたっぷり混ぜ込んだもの、Fotoのようなリング状にしたもの、塩味をばっちりきかせたもの等々。

薄~く切って、ゴーダチーズのような硬めのチーズと合わせていただいたり、ジャムをたっぷりつけて頂くものなど、本当に愉しめる食材です。もちろんフランスのバケット類も売っていましたが、その気候習慣は国を知る上で重要な一部分でした。

 ドイツのパンBrotは常に深い森のイメージが付き纏います。
by madamegrimm | 2013-02-12 12:33 | ドイツ事情 | Comments(0)

パソコン使い

 山あいに来て、こちらのパソコンが大変に鈍くなっているので、本日はしっかり電話サポートで気持ちよく使えるようにしてもらいました。

凄いですねー!コンピューターの真っ正直頭脳・・・。

人間はおかしなものを創っていくものです。

昨日‘久米宏ラジオなんですけど’を聞いていましたら、16日早朝どこかの惑星が地球にすーっと接近するそうな・・・。

地球から打ち上げた衛星と何処かでぶつかってしまったらどうなるのでしょうね。

コンピューター、インターネット世界がハチャメチャになったりするのでは・・・?

な~んていらぬ心配皮算用 ムムム

静かな緑の中でシューマン、ブラームスを聴きながらクララのこころを想う。

b0105259_234519.jpg

by madamegrimm | 2013-02-10 23:05 | 未分類 | Comments(0)

早春

 
b0105259_2138813.jpg


どこで撮ったか・・・

b0105259_22152125.jpg

by madamegrimm | 2013-02-08 21:38 | 樹木草花 | Comments(0)

寒いですー

 立春も過ぎ、だんだんと暖かさが近づいてきてはいますが、今日は雪の予報で昨夜から関東地方は先日の1月14日の大雪で混乱を極めたので用意周到にでしたが、まだそれほどの積雪ではありません。

でも今日はかなり寒いです。こころも少々寒いです。

あと半年で白寿を迎えようとしているMeine Mutterが先日から入院してしまいました。

連日、様子を見に行っておりますが何とか持ちこたえられそう・・・、姉妹みなで白寿を元気で迎えさせてあげよう、と頑張っています。

病院の食事も美味しく食べられているようで、頭は冴えきっている母上、毎日病院の窓から空模様を眺め、今朝はこんな色、夕方はこんな色、大きな鳥が群れを成して飛んでいくこと、などを話してくれます。

 長い長い人生だったでしょうが、自然に任せて生きている姿は感無量です。
by madamegrimm | 2013-02-06 11:50 | 未分類 | Comments(0)

旧古河庭園を歩く

 ひとりで歩きたくJRの駒込駅で降り15分ほど行くと左側高台に古河庭園があります。

50年ぶりに訪れました。

b0105259_1117186.jpg


明治から大正にかけて、鹿鳴館、ニコライ堂などを手掛けたイギリスの建築家、ジョサイア・コンドルという方の石造りの洋館です。

b0105259_11215462.jpg


庭は洋風庭園ですが、ぐるっと廻ると、ところどころに日本庭園の趣きもあり、当時の時代の余裕のある裕福さに複雑な気持にさせられます。
規模はちがいますが、フランスのヴェルサイユ宮殿イメージです。

b0105259_11451975.jpg

b0105259_11302497.jpg
b0105259_11312898.jpg


今はダリア、バラの季節は色とりどりになります。

b0105259_11331724.jpg


バラのひとつひとつの標識にこのような・・・

b0105259_1136459.jpg

 1945年第2次世界大戦終戦の年につけられた薔薇ピース、美しく咲くころ、また訪れたいです。
by madamegrimm | 2013-02-01 11:33 | 未分類 | Comments(0)