暖かな一日でしたが

 11月の終わりにしては何て暖かな一日でしたでしょう!

コートを着て都内を駆け巡ってきましたが爽やかな夕風にもあたり夕食の買物が少々重たくなってしまいましたが気持ち良い気候でした。

しかし今日の福島原発事故のニュースで予想通りメルトダウンしてから下のコンクリートまであと35センチほどでジワジワと放射能が放出しているのです。

絶対に終息するはずのない放射能です。

このことははっきりと言わない、国と東電です。

関東の街に出回っている食料品、特に野菜類などは都内はほとんど福島近郊の産地が占めています。

気になりながら買わざるをえない現状です。

魚でも肉でも加工品でも全てが3月11日以降汚染されているのです。

人間の身体にどのように影響を与えていくのか・・・、本当に心配が尽きません。

 人々を救ってくれるのでしょうか・・・。

気持ち良い風にあたりながら、あらたに考えをめぐらせ、不安から遠のくために、今は静かにバッハに耳を傾けています。
[PR]
by madamegrimm | 2011-11-30 22:48 | 未分類 | Comments(0)

世の移り変わり

 大阪都構想を打ち出して当選した42歳の橋下氏、古希をむかえようとしている人間にとって悲劇か茶番劇にしか見えてこない・・・。

何が世の中をこうさせたのか、昭和20年の敗戦の日から先達の苦しみと共に急ピッチで高度成長を成し遂げたこの国は何を置き忘れてきたかはご存知の方が多数と思います。

こころの教育です。

このこころとは他人を愛すること。

自分サイドでしかものが見えなくなってしまっている方がなんて多いことか・・・。

先日、ある方のブログからロバート・フロストの詩が載っていてふっと美智子妃も「橋をかける」という子供時代の読書の思い出の中にフロストの詩、「牧場」を詠んでいらしたことを思い出しました。
    
 
 「牧場」               ロバート・フロスト    訳:阿部知二 

    牧場の泉を掃除しに行ってくるよ
       ちょっと落葉をかきのけるだけだ
          (でも水が澄むまで見てるかも知れない) 
                すぐ帰ってくるんだからー 君も来たまへ
 
    小牛をつかまえに行ってくるよ
       母牛(おや)のそばに立ってるんだがまだ赤ん坊で
          母牛が舌でなめるとよろけるんだよ
                すぐ帰ってくるんだからー 君もきたまへ

 この詩から人間の源がかくされていると思います。

美智子妃が最後に子供たちへのメッセージを贈っています。 

  ‘子供達が、自分の中に、しっかりとした根を持つために
   子供達が、喜びと想像の強い翼を持つために
    子供達が、痛みを伴う愛を知るために・・・・・・・・’

 こころの教育をIchは切に切に望みながら・・・ 
b0105259_21315649.jpg
  
[PR]
by madamegrimm | 2011-11-28 21:19 | 人間 | Comments(0)

いや~、驚き!

 う~ん、驚きました。大阪市長選、橋下氏の勝利です。

大阪人の気質。

  ボナパルト18日。
[PR]
by madamegrimm | 2011-11-27 21:35 | 人間 | Comments(0)

いや~、凄い!

 今、内田樹氏のブログを読みました!

綿々と教育に対しての深い思いが伝わってきます。

明日がありますのでもう休みますがこの国の未来を本当に考えなければ・・・。
[PR]
by madamegrimm | 2011-11-25 00:59 | 人間 | Comments(0)

柑橘色

 かんきつ類が色づき始めました。
b0105259_23235955.jpg

 
 何か柑橘系の果物の木を見ると幸せを感じます。我家も金柑を植えましょうか・・・。
[PR]
by madamegrimm | 2011-11-23 23:26 | 樹木草花 | Comments(0)

 19日土曜日、あいにくの雨模様でしたが向 樹生オルガンリサイタルを聴きに松本まで行ってきました。

いつも愛車で中央道を走っているのですが晩秋でもあり、高速バスに乗って紅葉を楽しみたく一番安価のコースを辿りました。

通いなれた高速道、やはりバスの運転手さんはお上手ですねー!安心して往復を利用しました。

 さて何度目かの教会オルガンコンサートです。

今年の3月、音楽院のピアノ科を卒業後、とうとう本望の教会音楽の神髄パイプオルガンへ邁進し始めました最初のコンサートです。

メンデルスゾーン、ブクステフーデ、バッハと、死者への想いと、いらしてくださった方々への感謝の気持ちを心込めた美しい演奏で聴かせてくれました。

Professorの学び等で一段と磨きのかかった演奏がいつもいらしてくださっているバッハ好きの方々に幸せを与えてくれました。

しかしいつも思うことですがもっともっと沢山の人にJ.S.Bach(バッハ)の音楽を聴いていただきたい・・・。

今日(こんにち)の生きにくい世の中こそ信仰の厚い人間「BACH」の音楽は、‘見えない神’への祈りが自然に湧いてきて人々を魅了するのです。

 彼の演奏を信じてやみません。
b0105259_2151452.jpg
b0105259_21345485.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2011-11-21 21:35 | 人間 | Comments(0)

 召し上がりました?フルーテイでまろやかな今年のボジョレ・ヌボーを・・・。

今日のメニューは大皿にモッツアレラチーズとサーモンの燻製に生玉ねぎの輪切りとパセリをちらし、レモンを振りかけてドレッシングを添え、ブロッコリー茹でにさわやかマヨネーズかけ、エビコロッケにヒレカツを添えてワインで乾杯!

毎年11月第三木曜日、フランスに縁がありました我が家は唯一の楽しみの食卓なのです。

フランスの思い出と共にボジョレ地方のブドウ畑に思いを馳せてほんの少しの幸せをIchたちに与えてくれるのでした。
b0105259_2042193.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2011-11-17 20:25 | フランス事情 | Comments(0)

 昨日今日、少々湿度の高い暖かい日になりました。

 車を動かしてないので、先日近くのガソリンスタンドで点検してもらい、バッテリーがどうも寿命のようで取り替えてもらいました。オイル交換もし、リニューアルになりましたが、きゃー!散財ですー!

倹約倹約、梅干しと納豆でしばらく過ごします。

美味しいのは文章で綴りましょう。

今日はミートソースです。深鍋にお湯を沸かし多めのお塩を入れておいて、スパゲッテイを準備します。

今は5分くらいで茹で上がるスパゲッテイが多いのでミートソースが出来上がるのと同時くらいに茹でましょう。

さてミートソースですが材料は牛挽肉、玉ねぎみじん切り、ニンニク、トマト、調味料としてトマトケチャップ、ウスターソース、少々のお醤油、塩、こしょう、オリーブオイルです。

薬味で粉チーズとタバスコのような唐辛子系辛み、パセリみじん切り少々です。

フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ火にかけ牛挽肉を加え色が変わるまで炒めます。

みじん切り玉ねぎも加え、よく炒めましたらトマトのコロ切りを入れ更に炒めて調味料ケチャップ、少々のウスターソース、かくし味の醤油と、ありましたら赤ワインを少量加え味を整えます。

少し煮つめている間にスパゲッテイを茹でて(アルデンテイがいいです)ザルにあけ、すぐにお皿に盛ります。

オリーブオイルを上からかけてミートソースを好きなだけ盛り、粉チーズとお好みの辛みもふってパセリを散らして出来上がり!

 熱々を戴きましょう。
[PR]
by madamegrimm | 2011-11-14 21:03 | 「新」文章で綴る料理 | Comments(2)

枯葉

 
b0105259_22201067.jpg
 
おかしいなー?枯葉を食べている鳩・・・、何とよく観ますと、この葉の真ん中に実か種か・・・、鳩が数羽、夢中で啄んでいるのでした。
           
 C'est une chanson・・・・・・・ 
 このフォトからではイヴ・モンタンもズズズー! 
[PR]
by madamegrimm | 2011-11-12 22:21 | 樹木草花 | Comments(0)

諸々の日々

 諸々の日々、考えることがありすぎて毎日が過ぎていきます。

今日はとりあえず上野へカットに。

先日の日曜日には日比谷公園内の4日からリニューアルしました千代田区立日比谷図書文化館へ。

昔は都の図書館でしたがすっかり模様替えです。なかなか面白そうな本がいっぱいありました。

1階にはキャフェ、地下にはレストランも完備、小規模ですが充実しています。

最近あちこちの図書館が特徴を出し始めているような気がします。

数日前のZeitungによりますと、文学者のドナルド・キーン氏が個人蔵書を北区の中央図書館に寄贈なさったとか・・・。そのコーナーが設けられているそうです。彼は震災後、この国に帰化なさりたいと申請中だそうです。殊勝な方・・・。

確かに今、アメリカや他国はこの国以上に波乱万丈ですが、街々を歩いていると、電車の中では目の前にお爺さんが立っていても悠々と座って本を読んでいる若い人、行くところが無いと独り言を言っている中年の男性、デパートではリアルにカードの色で差別している店員、総人口中流意識からあっというまに貧富の差が増大してしまったこの国はこころまで杜撰になってきてしまい、お金によって動かされてきてしまった人々をこれから優しさのある美しい人間にと、どのようにして修正していくのでしょうか・・・。
[PR]
by madamegrimm | 2011-11-09 21:16 | 未分類 | Comments(0)