「ほっ」と。キャンペーン

様々な人間模様

 小さくなってきたIchの周りは様々な人間模様が繰り広げられています。

昔、何かで読んだ虫になって人々を垣間見るような気持ちで人を考えていると、老いも若きも環境とその経験の深さがあらためて思い知らされる日々です。

 山間に着くと何通かの郵便物の中に久しぶりの無臭氏から自筆のおそ~い年賀状が届いていました。

 ありがとうございます。

ご無事で新年を迎えられ、素敵なペンで詩が添えられていて、他者への愛情タップリの心を戴きました。

 Vielen Dank!

本当にまずまずの幸せをIchも感じながら邁進したく思います。

 今、Mein Sohnの暮のリサイタルのCDが出来てきて聴きながらこれを打っています。

いつもながら本番に強い彼はバッハのイギリス組曲6番のBWV811を彼の感性で弾きこなし、あらためて力強さに聞き入りました。

 めずらしい滝廉太郎の晩年のピアノ曲も披露してくれました。

ただ、このときIchだけが気が付いてハラハラしたことに、着ている上着の袖が気になったのか、弾きながら盛んに腕まくりをするのです!

慌てて休憩時間に1センチ短く大雑把に縫って急場を凌ぎましたが録音を聞くとちょっぴり気になりますかしら・・・。

滝廉太郎さまごめんなさい。

しかしライプツイッヒでの滝廉太郎の姿が思い浮かぶような想いを込めた素敵な曲です。

 メンデルスゾーンは意外とSohnのお得意な曲でベルリンでも皆様に感動を与えてくれました。

特別に弾いたモーツアルトのファンタジーも良かったー!

 これからも頑張ってほしいです。

 さあ、又明日からいろいろな人がいる職場へ  gehe ich!!
by madamegrimm | 2010-01-27 16:25 | 人間 | Comments(0)

 まいりました!

日曜日、久しぶりに何もない日で都内の家から歩いて30分の距離にある池袋まで散歩に出かけました。

第142回直木賞を受賞した白石一文さんの「ほかならぬ人へ」を買いに・・・。

最近歩くことが少なくなり、久々にひとり黙々と歩き続けたのです。

まず東武デパートの9階へ、次は地下道を通って西武のリブロへ、最後はジュンク堂、3階で最後の望みをかけて店員に聞きましたところ、何と、「つい先ほど一冊残っていたのが売れてしまいました!」

  ギャフン!

どこも25日以降だそうです。

 なぜかこの日はどこの本屋さんもものすごい人人人!今、この国の人びとは何かに飢えている・・・。

人のことばかり言わないでまず自分を振り返ってみると、人口の三分の一を占める高齢者の一人であるIchは街を歩けばすれ違う人はほとんど中高年。

たまに乳母車をひいた若いカップルに出会うとすごい新鮮さを感じる!赤ちゃんに微笑みかけキスをしたくなります。ガンバって!って。

本屋さんに入ると、昔は若者でごった返していましたのに今は中高年でごった返している。

神保町などに行くとなおさらです。

そして求めるものはみ~んな似たり寄ったり・・・。フー!

 Ichって何て単純!

だんだん自分が小さくなっていく・・・。

   そして元々、小さいことに気づく・・・。

挙句の果て急に歩きすぎて今日3日後には右足の関節なのか筋肉痛なのか寒さの影響なのか、運勢が悪いのか、のそりのそりと歩いて車を置いている駅まできました。

 運転を始めた途端、ピタリと痛みも止まり、スイスイと我が山間へ!!
by madamegrimm | 2010-01-20 14:53 | 人間 | Comments(2)

2010年があけました

 新年があけました。

 おくればせながらおめでとうございます。

あるコンビニの社長が濃霧で新年が明けた模様を社員に話していたそうです。

 今日この山間に来るとき、晴れ渡った青空の下を走ってきましたが世界情勢は濃霧で2010年があけたようです。

いつの世もこれでいいという年はないでしょう。

このような中を人間の知恵で温かい心を持って接していきたいと、新たな気持ちにさせられているIchであります。

 暮にはドイツ ライプツイツヒの大指揮者クルト・マズア氏が来日、N響とベートーヴェンの第九を演奏しました。

Mein Sohnは聴きにいっていましたがIchはラジオで初日の生放送を聴き、何て素晴らしいテンポとベートーヴェンの深さが表現されていて久々の感激がこころに襲ってきました。

人間の美はこういうところにも現れてきます。

ドイツの大統領にも推薦されていたマズアMeister!(マエストロ!) 大きな方です。

 Mein Sohnも影響され、あらたなベートーヴェンの研究がはじまるのでしょうか・・・。
b0105259_13402644.jpg

by madamegrimm | 2010-01-06 15:23 | 人間 | Comments(0)