アルハンブラの想い出

 懐かしい想い出が蘇えってきました。

パリから南下、スペインとの国境、アンドラというフランスの秋葉原と言われている処を通り抜けスペイン領に入りました。

案の定、車のトランクを開けさせられ検問です。

Ichたちはいつもな~んにも買わないのでしらべた方、呆れ顔です。

そこからバスク地方の脇を通り、始めにポルトガルの北の地方に入りました。

遠いところに来ました。

素朴な人々に混じって小さなレストランで食事、国道なのでいろいろな人が入るのでしょうか、変な家族連れが食事をしていてもさほど気にもされずゆっくり不思議な昼食を取り午後の暑い日ざしの中、どんどん南下していきます。

首都リスボンまで走りました。日本との貿易が栄えた時代が蘇えってきます。

ポルトの高だいにあがり、遥か遠くの海の向こうを想うと何故か涙が溢れ出てきます。

一人旅のJapanの若者に出会いました。何とドイツから電車を乗り継いでたどり着いたようです。
 静かな感動です。

公園のブランコで並んで少し話しました。まだ温暖化がこんなに急速に進む前です。夕方の涼しい風がIchたちを包んでくれていました。

 そして海の幸も沢山市場を占め、故郷を懐かしみながら、南のスペイン領に向けて車を走らせます。走ること走ること、コルドバを通って辿り着きました。アンダルシア地方名所旧跡グラナダへ!
b0105259_154424.jpg
 `宮殿の噴水が 遠い彼方に蘇えり 愛しむこころが我をおそう’
by madamegrimm | 2009-05-24 15:04 | 未分類 | Comments(0)

何故・・・

 何故こうも残忍な殺人が起きてしまうのか・・・。

某大学キャンパス内での師弟間の縺れは昨今の人間関係がまたもや諸に出てしまった事件ではないでしょうか。

秋葉原事件の後、若者のこころが浮き彫りになったきて‘自分は本当は弱者ではないのに’というところに、今、この国の社会の弱さと平行して若者たちのこころが狂気に走らせてしまっている。

これでもかこれでもかとメディアマスコミによって能力開発が間違った捉え方で自然体の人間の能力を超えた改造人間がまかり通る世の中にして人々は踊らされている。

 気をつけなければ、本当に・・・。 真の優しさを皆で共存したい・・・
b0105259_1813848.jpg

by madamegrimm | 2009-05-23 17:52 | 人間 | Comments(0)

自分とは?

 今シュワルスコップのシューベルトを聴きながら自分は何ものであるのか、最近、何故か考え続けているのです。

normalなのかunnormalなのか、もうここまでくると‘神のみぞ知る’我なのです。

今朝も山間の地域の清掃草刈に参加、久しぶりの人たちと会話を交わし、一汗かいてきました。

この地域の思い出はどうしてもぬぐい去ることが出来ません。

 ヨーロッパから帰国し、この地に密着した行動がIchに強いられ分からないなりのこの国の風土の世界を子育ての期間、じっくり浸りました。

東京の武蔵野市や新宿区で育ったIchは戸惑うことばかりでしたが子を持つ親として温かく迎えられ必死で馴染めるようコーラスグループを作ったり地域のボランティア活動に明け暮れた時期もありました。

友人も沢山出来ました。しかし・・・、今は・・・

都内の某所でmon mariは両親の家を守り Sohnの為に頑張ってくれています。

行ったり来たりの生活がもう3年以上も続いています。

 自分は都内には違和感はないのですが山間の全ての自然はIchをまた違う角度からこの国の姿が見えてきて貴重な体験が今のIchをあらたに再生してくれているのです。

計り知れない可能性に向かって生き続けるIchはnormalなのかunnormalなのか・・・。
by madamegrimm | 2009-05-17 11:45 | 人間 | Comments(0)

早や、梅です!

b0105259_1625329.jpg
 

季節は刻々と過ぎていきます。もう梅の実が!

齢もどんどん加算でいきます!オチオチしていられません!

Ichの人生に終止符の印を押す前にもう一分張りしなければ・・・!

 前向き前向き!!

 庭にあらたな生命も植えました。ちょっと難しいトマトです。

トマト用の土も購入してIchなりにガンバってみましょう!夏への夢に向けて・・・。

 民主党 鳩山氏党首に決まる。  う~ん・・・
by madamegrimm | 2009-05-16 16:10 | Comments(0)

 昨夜、またもや丑三つ時、山間の家にたどり着きました。

連休都内に戻っていたMein Sohnを送りかたがた、いつもの中央高速道路と圏央道を使っての行き帰りです。

少し前まで最寄の駅近くの圏央道はまだ開通されてなく八王子インターからいつも高速に乗っていました。

片道5000円の距離、往復1万円はいたい!

ETCをつけると割引になることは聞いていましたが装置するには1万5千円以上するとのことで躊躇しているうちに、何とETC設置車だけが土日割引載り放題1000円になるとか・・・!

その話を聞いた頃、Ichはすぐ近くのイエローハットへ!

店員の返答は近いうち政府給付金割引があるとか・・・。そしてー

愛車のセールスマンに聞くところによると24ヶ月のローンにするお達しが出ているそうな!

 Ichはよく考えました!

そおぅかー!また国民は踊らされている!!

まいったなー!まだまだ高速道路はIchにとって必要なんです。

仕方なく割引手続きなしで車に取り付けてしまいました。

 圏央道も開通し便利にはなったものの・・・、このゴールデンウイークの渋滞は数ヶ月前のガラガラ高速道路とは雲泥の差、厳しいですねー!

 挙句の果て、同じ道で行きは1600円、帰り1400円? これって何??
by madamegrimm | 2009-05-06 12:10 | 人間 | Comments(0)

 戦後すぐに今の憲法が作られてから今日まで根強く守られてきた国の最高法規、今話題の世襲議員等に寄って覆されるのではないか、と不安を懐いている人が結構いると思います。

戦争を体験した人々は、人類の無残な行いによってどんなに身に沁みたか想像以上のものがあります。

あらたな考えがこの国の戦後を守り平和を維持してきました。

 ドイツの有名な政治家、元大統領でありますヴァイツゼッカー氏の演説の中に、

   「過去に目をつぶる者は、現在に対して盲目になります。」

 Ichはいつもこの言葉をかみしめます。

人間の習性として、とかく権力者の命令には従わざるを得ない弱さがあります。

上になりたい、なれば人が使える・・・、こんな単純ではいけないのです。

大きな人間は、過去を受け入れてその責任を負わされていることを忘れてはいけないのです。

 今の政治家たちはエゴイストたちではないでしょうか?

 この国中がそうなのかしら?
by madamegrimm | 2009-05-03 12:29 | 人間 | Comments(0)

若葉が燦々

b0105259_22174625.jpg
 この中にウグイスがいるのです!

小さく可愛い素敵な声で「ホーホケキョ!」 家の中から慌てて‘パチリ!’

撮れているはずなのですが・・・。

 GWは先ずは山間の家からスタートです。

庭にきゅうりとしし唐の苗を植えました。

まだ芽が出たばかりの苗ですがきゅうりのつるを想定して早や支えの棒も芸術的?に挿しました。

 楽しみ楽しみ!
by madamegrimm | 2009-05-02 22:30 | Comments(0)