<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

オルガンと歌によるレクチャーコンサート

 先日18日、東洋英和女学院の新マーガレット・クレイズ記念講堂でオルガンコンサートがあり、出かけてきました。

女学院の専属オルガンニストでもある河野和雄先生のレクチャーでIchにとって興味のある内容です。

 「死と慰めの音楽」

 演奏曲目の作曲家はバッハが晩年訪ねて行った北ドイツの作曲家D・ブクステフーデ(1637~1707)、J・S・バッハ(1685~1750)、J・ブラームス(1833~1897)、J・N・ダフィット(1895~1977)そしてG・フォーレ(1845~1924)。

東洋英和高等部3年生の美しいソプラノと共に作曲者たちの最後の曲を主に土曜日の午後、至福の時を過ごさせていただきました。

Ichにとってとりわけダフィットという作曲家は初めて聴く曲で「死は刈り人」によるパルティータという曲、まさに神と人間と悪魔たちの死の舞踏といえる様が音楽化され壮絶な響きとなってIchに迫ってきました。

最後は静かな子守唄で終わります。
b0105259_10291033.jpg
 河野先生は死生学のProfessorでもあり謙虚な方でIchの尊敬するお一人です。Mein SohnのオルガンのLehrerでもあります。素晴らしいパイプオルガンと共にキリスト教の奥深さを知ったような気が致します。
[PR]
by madamegrimm | 2009-04-26 10:33 | クラシックはお好き? | Comments(0)

う~ん!

 相変わらず忙しい毎日に追われていましたが、雨の中、戻ってきました。

 Ichの人生はどういうわけか貧乏暇なし、まあ、お金は後ろを回っているようで、どなたかに守られているみたい・・・ですが。

若いときからひたすら頑張ってきたつもりなのですが、このくらいでIchの人生は終わるのか・・、そう想っていた矢先、またまた考えさせられてしまっている昨日今日なんです。

何かって・・・、お騒がせの芸能人、全裸になって都内の公園に居たとか、丑三つ時、お酒を飲みすぎて自宅近くでまだ家に帰りたくない何かがあったのか?それとも意識朦朧の中、ほてった体がそうさせたのか、ま、当然この国はわいせつ罪に問われるでしょう!

お気の毒なことで、場所をわきまえるしかありませんね。

それにしましても、何でこんなにてんやわんやの大騒ぎ!時の大臣まで‘最低の人間'発言!

なぜ総務大臣があのように怒つたのか、つまり彼を国のコマーシャルに採用していて、何十億というお金が動いているそうなー!

この国の芸能人は国の権力者とかなり密なんですねー!

スポーツ界もきっとそうでしょう!

地道に一生懸命働いてる一般の人たちは・・・、矛盾を感じながら時は過ぎていくのです。

それにしましても、この同じ時期に、フランスでしたでしょうか、たしかパリの街をオリンピックの選手がスポンサーを見つける為にやはり全裸で街を駆け抜け、希望通りスポンサーが見つかったとか・・・。

 命がけで収入を得る方法として先日考えさせられていたところなのですが・・・。
[PR]
by madamegrimm | 2009-04-25 17:05 | 人間 | Comments(0)

Au printems!

 その絵は
b0105259_8571797.jpg
  まさにクラッシック絵画の傑作です!


 今、新年度の小学校朝読みに行ってきました。

新6年生!Ichの出会った最初のクラスです。

今日は‘Die goldene Gans'黄金のがちょうです。新副校長も転勤されてきてあらたなスタートです。

 庭の花もくもの巣と共に光り輝いています。
b0105259_952324.jpg
  

   アウフビーダゼーン!  Auf Wiedersehen!
[PR]
by madamegrimm | 2009-04-15 09:07 | クラシックはお好き? | Comments(0)

現実をのり越えて

 久しぶりの雨です。

明日は2009年度の読み聞かせがスタート、何か心新たな気持ちで立ち向かえそうです。

メルヘンという現実をのり越えた夢の世界への誘い、グリム童話を読めば読むほどあらたな発見がIchを奮い立たせます。

短いお話の中にグリム兄弟の熱い心が伝わってきます。

語り伝へてきました民話がグリム兄弟によって文字への文化になったことは歴史上の重要な転換です。

そして人間への夢がひろがります。

 はなしは大きく変わりますがイタリアのウフィッツィ美術館の続き・・・なんです。

Mein Sohnが二歳のころ旅しました。ボチチェリーの春のところで突然Sohnに大声で泣きじゃくられmon mari(あれ?フランス語になってしまいました)は慌てて抱きかかえ長い廊下を突っ切ってどこかに連れて行ってくれました。Ichはお蔭でゆっくり鑑賞出来たのですが、おもてに出てみますと、おー!
b0105259_22194110.jpg
  美術館の周りに画学生たちが観光客に向かってアルバイトをしているのです。素敵なマドモアゼルに描いてもらっていました!

Mein Sohnはこの頃からすでに人生の厳しさを知っているよう・・・!
[PR]
by madamegrimm | 2009-04-14 22:19 | 人間 | Comments(0)

音楽とは

 山間の朝は、樹木草花が自然体でIchに迫ってきます。

庭には可憐な姿のすみれが、枯葉を敷き詰めた間から紫色の顔をのぞかせ、寒い冬から大地に向かって歓びを表してくれています。

何て美しいのでしょう!

シューベルトの歌曲によくみられるせつない恋から春の訪れに微かな喜びを見出し、春の野の甘い魅力にあらたな力が湧いてくるような、そんな今日この頃・・・。

モーツアルトの歌にも‘すみれ’があります。

 可憐なすみれはとかく踏まれそうになります。

  この大自然はすみれをやさしくいたわりながら共存していきます。

 音楽はなんて素敵な美と幸せをはこんでくるのでしょう!音楽にはその土地その土地から生まれて人間が創りだした唯一の精神的誕生ではないでしょうか。
b0105259_131040100.jpg
 

ボチチェリーのビーナス誕生、この絵をフィレンツェで見た時Ichの感動はピークにたっしておりました。
[PR]
by madamegrimm | 2009-04-05 13:14 | 人間 | Comments(0)

die Liebe

久しぶりのマイブログです。

昨日は勤務前、少し早めに出て上野公園を突っ走ってきました。

満開のソメイヨシノが人人人の上を美しく照らしてくれています。
b0105259_1831327.jpg
 皆さん本当に桜が好きですねー!

街々は何から何まで総てさくら色です。

この世界情勢不安の中、この国の人々は不安をかき消そうと・・・。

ロンドンでは暴動がおきています。1929年頃からの世界情勢と似ています。

歴史は繰り返されるのでしょうか?

 メルヒェンの世界における美しい真実を読み通すIchにとって大きな愛は今でも生きていると信じたい。
[PR]
by madamegrimm | 2009-04-04 18:26 | グリム童話ってすごい | Comments(0)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧