「ほっ」と。キャンペーン

払沢の滝

 
b0105259_1771589.jpg
 五日市より車で15分位の距離にあります払沢の滝(ほっさわのたき)です。

 2年ぶりに学生の時の友人たちと五日市の黒茶屋で昼食会をし、夕方になってしまいましたが滝まで足をのばしました。

いつ会いましても若いときの友人はいいものですねー!

何の気兼ねもなく自然体で話せます。

 楽しいひととき、ありがとう!!
by madamegrimm | 2008-11-24 17:16 | Comments(0)

近代史にのめり込み!

 一日の時間がもっとほしい毎日!

前回に記した‘最後の皇女エリザベート’まだ読みきれないのです!

早や晩秋のIchでありますがオーストリアの皇帝ハプスブルク家から第二次世界大戦の戦後の1960年頃までの近代の歴史をまざまざと読み続けるうちに、あらためて世界観の見つめ方が凝縮され自分の何年ものヨーロッパ生活にあらたな復活精神となって蘇えってきました。

やはりもっと勉強しておけばよかった・・・、なんて、いまさら悔いてもしかたありませんが、歩いてきた道が、そんな歴史がここにもここにもと、後の祭り!

しかし、微かな記憶の中に本の面白さが更なるドラマを創ってくれて少しの時間を割いては読みふけるIchであります。

 そしてあらためてグリム童話を考えた時、日々の暮らしの人間の姿がメルヒェンとなって語り継がれている。

 この間の朝読みは4年生でグリム童話76話die Nelke(なでしこ)でしたが小さな語りの中にあの巨大なヨーロッパの歴史が後ろにそびえているのです。
by madamegrimm | 2008-11-15 23:37 | グリム童話ってすごい | Comments(0)

読みかけ中の本

 先日の神保町でIchにとっては大変面白い本を見つけてきました。

ヨーロッパの歴史、特に東ヨーロッパは旅を重ねる度に、奥の深いものに突き当たり、自分の勉強の足りなさに面はゆい気持ちになってしまうのでした。

 世界史が大好きであったIchは結果的には興味の対象を通り観てきましたが、今、自分を振り返ってみて、女としての歩みしか出来なかった・・・、いえ、能力不足でしょうか、もっともっと人間の本質を追求したい、そう想いながら、いつの世も大なり小なり同じことが繰り返されていく現状で世に回答は無い。

今を生き、歴史を知り、それが正しいのか疑問をいだき、未来を創造していく人間たち。

 う~ん、狂ってきたIchでありますが・・・

 この気持ちとまったく関係ない本、‘ハプスブルク家 最後の皇女’ 「エリザベート」!

 手に取るようにその時代がIchの心に映し出されてきます。

 映画を観ているようです。
by madamegrimm | 2008-11-04 22:01 | 未分類 | Comments(3)

文化の日のIch

 またもや柿で恐縮です。

 最近、鬱病なのか、何処にも出かけたくない・・・。

よほどの用事がないかぎり、山間がIchの楽しみの場です。

mein mannも風邪気味ですし、のんびり連休を過ごしました。

 今日はそう、柿もぎをしました。
b0105259_21193374.jpg
 結構大変なんです。200個くらい・・・、疲れました!

 百め柿で甘柿なんですが渋いんです!木に生り過ぎたのかしら?

福島の方の柿のように焼酎かけて10日位、密封しておくと甘くなるかもしれない・・・。

 試してみます。
by madamegrimm | 2008-11-03 21:21 | Comments(0)

古書フェステイバル

 
b0105259_1321125.jpg
 

いつもなら晩秋となる時期、庭の百め柿も渋味を残したまま、サザンカの開花と一緒に盛りをむかえています。昨日はもう50年をむかえ様としている神田神保町のブックフェステイバルへ行ってきました。 いやはや凄い人出!毎年、mein mannの楽しみのひとつ、午後2時からの‘古本チャリテイオークション’をIchも今年は晴天に恵まれましたので、ついていきました。見てください!この人々!b0105259_1331345.jpgb0105259_1332194.jpg

近くの学士会館のお兄さんもコロッケ、ワイン??・・も売ってニコニコ顔です。

b0105259_13585297.jpg
 

お昼にタイ風グリーンカレーの匂いに誘われ500円で頂いたのですが、ご飯が何か古米みたい・・・、大丈夫かなー!そんなことを言ってはいけません!この入り乱れたこの国の象徴を味わってきました。
by madamegrimm | 2008-11-02 13:19 | 人間 | Comments(0)

55 Rumpelstilzchen

 日本語でもルンペルシユテイルツヒェン。

素敵な版画挿絵です。
b0105259_21144618.jpg
 

10月29日 6年生の朝読みでした。

このグリム童話は短いメルヒェンですので、作戦を練って出かけました。ウフ

 最近 小学校でも英語の授業があるようで、ちょっと逆らおう・・・と!

ぬぬぬ・・・!

ところが何と今日に限って真面目な真面目な担任の先生が居られるではないか・・・!

一瞬、まいったなー、と思いながら、Ichはこうと想ったことは行動に移してしまうのでござる! 

おもむろに Guten Morgen! Wie geht es Ihnen? Ich bin sehr gut! Und Ihnen?

みんなキョト~ン!

そしてドイツ語には男性名詞 女性名詞 中性名詞があり、例えばお父さんはder Vater お母さんはdie Mutter 子どもはdas Kind と黒板に書き、ドイツ語の勉強を始めたのでございました。

世界には、た~くさんの国の言葉があることを直に知ってほしかったのです。

そしてグリムの代表的メルヒェンテイツクなお話を読んできたのであります。Kein Problem?
by madamegrimm | 2008-11-01 21:15 | 読みきかせ | Comments(0)