<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

変貌

 フランスの絵画を見ていると‘いにしえの奈良の都’ではありませんが懐かしさが蘇えってきます。

特にこの季節、フランス人と同じようにバカンスと称して20年前の頃ですが毎年車を走らせました。

おちびのSohnを後部座席にひょんとのせて・・・。

俗に言うフランスを南北に縦断している‘太陽道路’をMein Mannと交代で時速120キロで南フランスまで走り、マルセイユからカーフェリーで最南端コルシカ島に渡ったときは胸がドキドキ早やなったものです。

よく行き届いたキャンプ場があちこちにあります。
ホテルを探す心配もなくパスポートを預けるだけで安く自炊をしながら何日も泊まれるのです。共同の場所は清潔で何の不満もありませんでした。

 そんな経験をヨーロッパでしてきて、今この国の夏を又むかえ、日々の貧しいニュースに苦しみを感ぜずにはいられません。

今朝のZeitungでは所得流出額が17兆円も増したとか!

今までの歴史の中でいま流行っている言葉‘欧米化’ではありませんが、アンバランスなこの言葉の世界から脱却して、この国の美しさを他国の方々に見せようではありませんか!

 変貌です!

コルスは赤茶けた土地と美しい海だけです。それでも観光客は途絶えません。

ナポレオンの生地やそれなりの歴史が人々を誘います。

 この国も努力すれば出来るのではないか・・・。b0105259_23365256.jpg           コルス(CORSE)
[PR]
by madamegrimm | 2008-07-27 23:27 | フランス事情 | Comments(0)

猛暑

 昨日は猛暑がピーク!

人それぞれ感じ方が違うとは思いますが昨日の日中はみ~んなが同じだったのではないかしら?

ジワジワなんてものではないんです。もわ~んと風ひとつなく空気も動かず、待ち行く人々は無表情でひたすら暑さに耐えて歩いています。

電車の中も同じ!電車を待つ人々は扇子でなまぬるい風をおこし我慢の人です。

弱冷房車はこんな時だめですね。Ichは!

だんだん人間我慢出来なくなっていくのかなー!

 文明の力と自然との闘いがこれから始まっていきます!!
b0105259_2157972.jpg
 古の良き時代かな・・・
[PR]
by madamegrimm | 2008-07-26 21:53 | 未分類 | Comments(0)

人間模様

 昨日は甥っ子の結婚記念パーティーが表参道の方でありました。

久々に親戚縁者と楽しいフランス料理の集い、美味しく戴いて若き二人の門出を祝ってきたのです。

すでに4月にハワイでの挙式を済ませてのお二人ですので甘~いビデオと写真を見ながら幸せカップルと共にお腹いっぱいご馳走になってきました。

きっと末永くお幸せになるでしょう!

 さてさて、前回予告の‘歌う  色彩のパーカッション’!!ベルリンで出会った安江佐和子女史のコンサートが7月8日9日と二日間、東京オペラシティリサイタルホールでありIchは初日の方に行ってきました。桐朋学園の方でもあり、あの学校のいつも大きな企画の中での催しでもあるので少し抵抗を感じながらの出足でした。
ベルリンでは自然体でお付き合い出来ていてもこの国の強弱の世界では人間複雑な感情になってきます。
一人の人間のその後ろにはどれくらいの人々が力関係で携わっているか・・・、演奏者の才能はもちろんのこと、そこに携わるバックメンバーによってコンサートの美が決まります。彼女の才能溢れるパーカッションと共にジャズ界の大御所村上ポンタ秀一氏のドラムも加わり、又、ダイナミックなピアノと安江氏のドラムでJ・ササス MATRE’S DANCE という迫力あるリズムの中での演奏、趣向を凝らしたプログラムと個性豊かな衣装で聴衆を楽しませてくださり流石!!CDも近々発売です。会場で早々に。
b0105259_15534057.jpg
 マリンバで美しいブルガリア民謡‘告白’が心に残っています。
[PR]
by madamegrimm | 2008-07-21 15:48 | 人間 | Comments(2)

樹木のごとく

b0105259_1322088.jpg
         
  おやおや、今日も暑い最中、雨が降ってきました。

一降りしてもきっと蒸し暑さは同じでしょうね。

まだ梅雨明けではないみたいです。

お向かいの大きな草、屋根に葺き替えようかしら、ウフ

 それにしましても、今年の樹木、草花、野菜類の緑濃き様!お隣の中国に見せてあげたい・・・。

霧のごときスモッグのあちらの国はこの美しき樹木を見習ってほしいですねー!と申してもこの国も問題だらけ・・・!地球が砂漠化する前に知恵、知恵、知恵。

 砂漠といえば、先日大変ユニークなコンサートにいってきました。

タイトル「色彩のパーカッション」 !

打楽器の醍醐味です。

次回になってしまいますが、 どんな感想が述べられるかなー!
[PR]
by madamegrimm | 2008-07-13 13:26 | Comments(0)

緑濃き山あい!

 ようやく我がふる里へ午前中から30度をこす暑さの中戻って来れました!

お向かいの空き家は見事なカヤの密集地になっています。

うわ~!まいったなー!蚊も多いと思う・・・。

まあ、我家も植物だらけ・・・、生きとし生けるもの、寄ってらっしゃい。

この前の5年生の読み聞かせ、第133話‘踊ってすりきれた靴’を読みましたの。

ドイツ語で‘Die zertanzten Schuhe'です。

Ichこのお話、大好きなんです。
12人のお姫様たちがベッドをこんこんと叩くと地面の下に沈んで秘密の戸が開き、階段を下りると湖が現れ素敵なお話が展開していくのです。

ポキッポキッと木の葉を折る音、その木の葉も銀、金、ダイアモンドと。

きっと折る音も違うでしょうね。

想像を膨らまして読んでいると5年生たちもひきつけられています。しーん。

 可愛い目がまだIchの心に焼きついています。
[PR]
by madamegrimm | 2008-07-12 17:43 | 読みきかせ | Comments(0)

明日も素敵なお話!

 夕方、山あいに戻る途中JR山手線で初めて外国の男の子から席を譲られました。

髪を染めなくしたせいでしょうか、でも最近はどんなお年寄りでもほとんど席を譲ってくださっている光景は見かけません。

皆さん疲れているのですね。

Ichなんかまだまだ若い方、それなのに、急に外国の男の子が立ち上がってIchに向かい、「どうぞ!」って手を差し伸べるんです!

びっくりいたしました。

廻りの乗客たちもいっせいに目が集中!

咄嗟に遠慮しては申し訳ないと考え「サンキュウ!」と言って腰掛けさせてもらいました。

向こうの男の子って良いことをしようと思った時はさっとマナーに出るんですね。

ヨーロッパでも随分親切をして貰ってきました。

 ベルリンのアレキサンダー駅ではエスカレーターに乗っているとき、後ろに乗っていたスリがIchの肩にかけているカバンからメガネを抜き取ったらしく、それを見ていた若者二人が彼等を追いかけて咄嗟に取り返してくれたのです。

Ichは何事が起きたのかキョトンとしている状態でしたの。

一生懸命ドイツ語に通っている頃でその老眼鏡のメガネが無かったら大変!

本当に本当にベルリンの二人の若者に感謝でした。親切ってすっごい美しいことです。
b0105259_2241927.jpg
 
明日の読み聞かせの挿絵です。さあ、お楽しみ!!
[PR]
by madamegrimm | 2008-07-01 22:04 | 読みきかせ | Comments(0)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧