パリの空気

 やはり年寄りの母を傍で看るということは責任重大のような気がする。無事バトンタッチが出来ました。いつも側にいてくれる次女である姉に感謝!
 気分転換に本を読んでいましたら、森有正の日記にこんなことが書いてありました。

 時々、ふと「パリの空気」に気がついて、体中がむずむずし、ぎくりとする。そしてぞーっとする。人間の頭のてっぺんから足の裏まで、一分のすきもなく、びっしりと蜂の巣のように穴だらけにしてしまう、おそろしいパリの空気、ああ僕は、その蜂の巣になってしまった人間を何人この目で見ただろう。ああ、おそろしい。不断の仕事だけが、不断の前進だけが、それから、僕を守ってくれる。リールケはこのおそろしい空気を十二分に知っていた。それで時々にげ出した。そして又猛烈に仕事をした。プワーッと不気味な音がしたと思うともうその人はむごたらしい、蜂の巣になってしまっている。そして目ばかりがギョロギョロさせて生きている。ただありがたいことに、この「生きている蜂の巣」は伝染病ではないらしい。 

おかしさがこみ上げてきました。
 Mein Sohnが幼時のとき、パリに住んでいましたので、17歳の時、ドイツから勇んでパリへのりこんでいきました。一人で!
先ずはエコール・ノルマルに籍をおき、通い始めたものの、靴に穴が開くほど歩き回り、パリを自分と消化出来ることを願い、彼なりの努力はしたようですが、「パリの空気」に恐れをなしたのか、一年後、ドイツを経て、今、日本で足を地につけています。
一年でも自分の意志でパリを垣間見たことは蜂の巣にならず、大人はホッとしたものです。愚息を偉大な方の中で比較するなんて大それたことではありますがパリとはそういう処です。
 また若者の暴動が起きているようですね。
by madamegrimm | 2007-11-30 20:01 | フランス事情 | Comments(0)

少々 ファティゲ!

b0105259_20494867.jpg


変化のない一日にはクレーの絵などを観ながら感傷にひたりましょう。b0105259_2051234.jpg       これからの季節、ブリューゲルもいかが?
明日から実家へ93歳母の食事作りに行ってきます。次姉がいつも側で面倒をみてくれていますが数日頼まれました。元気な母で今でも本を読んだり、編み物をしたりしています。外食も好きみたい!スゴイ!
by madamegrimm | 2007-11-26 20:48 | 未分類 | Comments(0)

ある合唱団

 一昨日の夕、ある地域の合唱コンサートに行ってきました。
山間の家の地域と合併した市の合唱グループですが、もうあしかけ20年位になるのではないでしょうか。
お名前をあげてもよろしいかなー、串田委子(くしだともこ)先生とおっしゃる方で昔、材木業のご家庭に一人っ子として生まれられ子供時代何不自由なくお育ちになって芸大声楽科を出られた女性指導者兼指揮者が率いる宗教音楽合唱団です。
地域に密着してがモットーでいらして大変謙虚なお方です。
 選曲がいつもキリスト教に関係した作曲者の作品が多く、ハインリッヒ・シュッツから始まり、J.S.バッハそして今回、やはりドイツの現代に近い作曲家フーゴー・ディストラー(1908-1942)という戦争真っ只中を短命で生を全うしたドイツ人の方の演奏を聴かしてくださいました。
複雑なハーモニーでバッハの100年前作曲者シュッツなどをしっかり学んでいないと難しい曲だと思います。
ただただ祈る気持ちになる音の世界です。
そして‘世界はひとつ’そんなことを感じさせる不思議な人間の極致です。
 美しいでした。
合唱団の祈りの心が伝わってきました。
 Mein Sohnを遠くからいつもそっと応援してくれています。感謝です。
by madamegrimm | 2007-11-25 20:07 | 人間 | Comments(0)

  ここ急に寒さが益してきました。
今、知人のコンサートから山間に戻り、ドアを開けましたらさむ~!家の中が冷えきっています。人生、行ったり来たりの生活、致し方ないのか、そういう運命なのか・・・、自分の選んだ道です。
 個を追求していくと、家族制度や家などの問題に突き当たり、女性としての役割も大きく要求されてきます。
Ichはそんな中で与えられた条件から自己を見つめ、できることをしていくしかないと・・・。
時間がある時は映画を観ます。
ドイツ映画「4分間のピアニスト」を観て来ました。
ドイツ語のタイトルは「Vier Minutes」です。
このドイツタイトルの方がぴったりの映画でした。
ベルリンや東系のドイツの景色が重苦しいストーリーとマッチしていて数年前の思い出がよみがえってきました。
会話のドイツ語も懐かしく、老女の教師が最後の方でレズであったことを白状するところなど、Ichがベルリンの街で、電車の中で、沢山のレズの人々を目の当たりにしてきているので、その老女役の女性が見事に演技していることに驚かされました。
雰囲気で解かるのです。
ベルリンの街は同性愛の人がとても多くみられます。
 犯罪を犯した主人公のピアニストは今の典型的なドイツっ子!
前にやはりドイツ映画で「ブラックブック」と言いましたかしら、すごい残酷な場面が多く、(戦場のピアニストも凄かった!)ドイツ映画はナチがからむ事が多いので人間の業や欲の凄まじさには疲れ果てているIchはこの「4分の」は少し救われた気がしました。
それにしましても看守役のふとっちょのおじさん、シューネフルト飛行場の職員にそっくり!
その看守役さん、ベルリン芸大で演技指導しているんですって!ふ~ん・・・。
by madamegrimm | 2007-11-23 21:36 | 人間 | Comments(11)

晩秋

 山間の樹木は晩秋の紅葉で今年の終りの美を醸し出してくれています。
急に朝晩が冷えると、特に赤い葉は冴えて、黄色、緑、茶の中でひときわ輝きを益しています。
我が家の庭の南天も今年は柿の実を長く木に生らしていたので、小鳥たちはそちらに気が行って南天の実が紅白残っています。
白の南天は珍しいそうです。
b0105259_1557439.jpg

では山間をちょっと又、留守にします。
  
    ア ビアン トー!
by madamegrimm | 2007-11-19 15:58 | Comments(0)

ドライブ

  長野道から少し上信越自動車道長野方面に行ったところがその松代町に出られる長野I.C.です。
久しぶりに一人ドライブを楽しんできました。
戦争末期、そこに天皇家も住む予定でヒノキ作りのぼうくう壕もあるということも聞き、車をその方面に走らせましたが辿りつけませんでした。
景色はまさに里山!細い道、対向車に出会わないことを祈りながら里山の山々を見ていましたら、晩秋の色の中から
b0105259_13265555.jpg
あちこちにリンゴの木々がのどかな景色をかもし出してくれていました。
信州リンゴを楽しみながら松代町を抜け、何十年ぶりかの善光寺まで走ります。
良いお天気に恵まれ、すっかり長野市のイメージが大逆転していました。
こんなに道幅が広がり、なんてわかり易い標識でしょう!長野オリンピックの後からなのでしょうか、大都会です。
善光寺駐車場に着いたときはお寺を初めて見るような感じです。ゆっくり散策しお参りをし、参拝者の人々を観賞しながら歩いていましたら、お寺に向かって左側に小さなstatue(あ!いけない!フランス語が出てしもうた!立像です。)がある。傍にいってよく見ましたらなんと親鸞聖人なのです。なぜ??このお寺は浄土真宗ではない・・・。あまり気が付かれないように、そ~っと立っていました。信濃に行く途中、善光寺に寄られたそうです。
美しいこころです。なんとなくIchは心豊かになり帰路につきました。
後、松本を経って中央道関東に向かってバッハのゴールドベルグ変奏曲を聴きながら走っていましたら甲府辺りでストップ!!
前方に落下物があったようで延々2時間、ストップしたまま皆、静かに耐えている!
フランスではありえないことです。車を投げ捨ててきっとすたすた歩き始めるでしょう。
そしてその後は・・・、オホホ
by madamegrimm | 2007-11-17 13:32 | フランス事情 | Comments(0)

長野市松代町へ

  週末Mein Sohnが都心に来たので送りかたがた松本へ行ってきました。
神経使う専門なのでちっとも太らず少し栄養を付けさせなければと親心なのですが少々、ご本人さま、ご迷惑のようでした。アハ・・。
それでも遠めから様子を見たく、あちこち行きながら邪魔をしてきました。
 そのあちこちの一つに平成元年から一般公開した長野市松代町の遺跡「松代大本営地下壕」を見学したく、車を走らせました。
太平洋戦争末期、昭和19年11月11日着工、翌年の8月15日終戦の日まで軍部が極秘に大本営政府各省を松代、当時、埴科郡西条村に移す計画で巨額の費用で延べ300万人の朝鮮人、住民、外国人等が強制労働のもとで工事が進められたのです。
多くの犠牲者を出したこの地下壕は象山の横から掘り下げられ延長10キロメートルにも及んでいます。
見学できるコースは1キロにもみたないのですが周辺の山、舞鶴山、皆神山、象山の三ヶ所に碁盤の目のように掘り抜かれています。現代歴史の重みを感じる地下壕でした。b0105259_13452612.jpg地質は岩盤で雨漏りもほとんどしていません。b0105259_1346217.jpg象山の入り口近く
by madamegrimm | 2007-11-16 13:43 | 人間 | Comments(0)

山茶花

 ツバキ科の山茶花が庭にいちりん咲きました。これから寒い冬がやってきます。
b0105259_9485339.jpg

by madamegrimm | 2007-11-09 09:49 | Comments(0)

  明日は立冬とか。
もう今年も残り少なくなってきました、とありきたりの言葉で始める今日のブログです。
又、政治に肩透かしをくって、こういう日本的社会をいかに人々をよい方向に導くことができるのか、日本的システムではないヨーロッパ文明の経験からのオーガニゼーション(組織性)にもっと直面して這い上がらないと、なーなーの世界で国民はだまされ続けるでしょうねー。
なんて思ったりして日常をたんたんと過ごすしかない・・・。
難しい世界です。Ichは静かに本を読んでいきましょう!

 今朝も先週に引き続き小5へグリム童話‘がちょう番の娘’を読みに行ってきました。
今日も待ってくれていました。
原本から挿絵のコピーを数枚黒板にはり、いかにドイツの家庭で読まれているか、ということを話しながら後半を読みました。
最後、罰の与え方がかなりすごく、まあ、これから歴史を勉強していく上での人間研究にはよいメルヒェンではないかとIchは考えています。皆、静かに聴いていました。
そして、がちょうの話しをもう一つ、1年生によく読む‘狐とがちょう’を読んであげました。楽しそうになり、アーフビダゼーン!チュース!(さようなら!またね!)
by madamegrimm | 2007-11-07 11:15 | 読みきかせ | Comments(0)

政界・・・

  いやはや、お騒がせの政治家たちですねー!
そもそも政治の世界に行かれる方というのは人の上にたって権力を発揮したい方がなるんですよね~?
 Ichの哲学には無い世界です。
国民の為に、国の為に、世界の為に、一個人が大きな夢を持って政治を司っていく!
すごいなー!
つまりは公の世界です。
理想を覆されようと、どんなに孤独に追いやられようと強さがものをいう。
 そこに個人と社会の問題が出てきます。
今回の小沢氏の行動についてはあそこまでが彼の器量ではないのか?
昔の哲学者も言っています。{人間は凡て与えられた条件から出発することしか出来ない}と。    Je pense, donc je suis.直訳で「私は考える、だから私です」
今の世の中、日本的考えでは世界の中の日本には成れないとIchは思います。

 何かもののあわれを感じ、はかないですねー。

    絶望が基礎になって希望に繋げてください!
by madamegrimm | 2007-11-06 11:52 | 人間 | Comments(4)