「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

高速道路

叔母の入院でお見舞いに出かける。関越をひたすら新潟まで愛車で走る!
天気にも恵まれお盆休みも終わり充分な車間距離をあけながら一人軽やかなクララ・ハスキルのモーツアルトを聴きながらのドライブは私にとって至福の時である。真ん中の車線を走っていると時々追い越されたり追い越したりしていると運転者の息使いが手に取るように分かる。
高速道路は車同士の会話!バックナンバーで地方色もわかる!横浜ナンバーはいつも呼吸が荒く感じる。練馬・品川・足立ナンバーは少々余裕の呼吸、所沢ナンバーは庶民的、段々なが〜いトンネルにちかずいて来ると群馬県のナンバーが加わり徐じょに新潟ナンバーがよ・よと登場!あれ!いやに研ぎ澄ました車が近づいて来るなーと思っていると京都ナンバーでした!
景色はひたすら田園風景、トンネルを越えると少々高速にしてはガタガタ道が続く!大きな地震の影響であろうか、片側通行があちこちで。素朴なサービスエリアが多い。越後湯沢を通り過ぎると又コシヒカリの世界!私は何を言いたいのであろう!ひとりドライブの楽しさ?ストレス発散?思い出スーブニール!
b0105259_16223523.jpg

by madamegrimm | 2006-08-29 01:34 | 未分類 | Comments(3)

8月15日

日本の政治はこれからどうなっていくのだろう!時の首相が現在宗教法人の靖国神社をお参りした!難しい問題が山積みされている靖国に!私は心から願う!皆で知恵を出し合って戦争という地獄をつくらないように!!!
by madamegrimm | 2006-08-15 15:00 | 未分類 | Comments(1)

レバノン停戦

b0105259_16273174.jpgやはりフランスはやってくれました!世界情勢の混沌とした中、国連安保理は修正決議案を採択した!心から人間の幸せを願う者は戦争という恐ろしい行為はあってはならない!!!諸国が話し合う国連の場は大切だと思う!皆で知恵を出し合って世界を平和にしましょう!ただでさえ大自然がおごれる者への天罰はちゃんと用意しています!グリムのお話はいつもそうです!お話だけではなさそうですよ!oyouのグリムの拘りはそこです!
by madamegrimm | 2006-08-13 13:45 | フランス事情 | Comments(0)

ピアニスト vier

b0105259_16171190.jpg7月下旬松本で東 誠三氏のドビュッシーの演奏を聴く機会に恵まれた。彼は現在豊田耕児氏が学長をしている国際スズキ・メソード音楽院の教授もしていられて東京芸大、東京音大と若さ溢れる今を大活躍!独創性に満ち溢れるDebussyの世界を何の不安も無く 前奏曲集第2よりでサンソン・フランソワをしのぐイマジネイションの演奏に心おどった!日本のピアノの世界は少し方向性を修正しないと才能溢れる学びのピアニストたちをみんなつぶしてしまいそう!東氏はきっと演奏家であってもそこに気付かれていて後進の指導に当たられているのだろう!ピアノの音は時代を超え人間がつくりだした唯一の宇宙音!wunderbar!
by madamegrimm | 2006-08-13 13:25 | クラシックはお好き? | Comments(0)

ピアニスト 3

b0105259_16152353.jpg
第3弾といくかー!ちなみにピアノという楽器は特にFlugel(グランドピアノのドイツ語だがまだ2つウムラルトが打てないー)(uの上に・・と付くのだが)の巨大な音の組み合わせを一音一音響かせて神経とがらせ宇宙を奏でる作業は普通の人間には困難極まりない!研ぎ澄ましたKlavier(ピアノ)の魅力は何よりも想像を描きたて至福の時を過ごせる!めったに無いが!人生 生意気に生きてきたoyou 何もない自分を奮い立たせナポレオンのごとく<不可能ということは無い>に躍らされ能力を超えた無鉄砲な生き様は もう今は自分を見つめているピエロの何ものでもない!それでもoyouは進む!果てしない夢に向かって!個性豊かなピアニストが奏でる音を聴きながら。
by madamegrimm | 2006-08-09 22:31 | クラシックはお好き? | Comments(0)

この1年で

b0105259_1493275.jpg
読み聞かせをN小で始めてから約1年が過ぎた!
このブログを教えてくれたムッシュウのマダムがドイツ帰りでふらふらしていたら紹介してくれました。もともと声を出すことが好きなoyouは飛びついた!そしてハマッタ!メルヘン街道も歩いてきたしグッドタイミング!カッセルのグリム記念館で仕入れた原本とLeipzigの友人に頂いた原本とを照らし合わせながら日本語の朗読しやすい本を随分探した。
吉原高志、吉原素子 訳の初版グリム童話集が私のトーンにぴったり!初版なのでブレーメンの音楽隊などは入っていないが訳者によっては声に出しては読みにくいものもあり探すのに結構苦労する。今日はこの1年に読んできたものを記しておこう!
ヨリンデとヨリンゲル 勇敢な仕立て屋の話 こびととくつや かえるの王さままたは鉄のハインリッヒ めっけ鳥 おいしいおかゆ きつねとがちょう ルンペルシュテルツヒエン 老犬ズルタン 水の精 森の中のおばあさん ホレおばさん つぐみの髭の王さま 三人兄弟 十二人兄弟 踊ってすりきれた靴 狼と七匹の子やぎ 六羽の白鳥 黄金のがちょう ここまでがグリム童話で後ドクトル ハインリッヒ・ホフマンのもじゃもじゃペーター(ぼうぼうあたまなどとも訳されている)から スープぎらいのカスパール や おそらながめのハンスさん とばされロバート などを読みました!みんなみんなよい子です!!
by madamegrimm | 2006-08-07 22:52 | 読みきかせ | Comments(1)

古き良きParis

近年パリのニュースを日本で眺めていると昔懐かしがoyouの心を動かす!昨年来移民の人々の暴動、差別、とフランスが今抱えている問題が山積みされており、どこの国も沢山の問題は抱えているが私の人生でフランスのものの考え方は滞在経験も含めて深く浸み込んでしまったようだ!あの国の人々は表向きと違いなんと優しく負けず嫌いな人種であろう!私の愛して止まない貴国の方々!世界の平和のために頑張ろう!Bon courage!
by madamegrimm | 2006-08-07 13:45 | フランス事情 | Comments(0)

グリム兄弟

兄ヤーコプ・グリム(1785-1863) 弟ウイルヘルム・グリム(1786-1859)の兄弟によって集められたメルヒェン200話におよぶ子どもと家庭のための童話集を初版~第7版にまで編集をかさねドイツの人々に広く愛され世界中に今も語り継がれています。 彼らの業績はメルヒェン、民話研究の基礎になっています。oyouが朗読してきているものは子どもに解かり易いものを極力選びこれからもドイツで発刊されている本と照らし合わせながら読み聞かせを続けたい!
by madamegrimm | 2006-08-07 13:15 | グリム童話ってすごい | Comments(5)

ピアニスト 2

ま、古今東西 老いも若きもこれほど年齢層に富んだ時代はそうはないだろう!その中でピアニストの世界も面白い取り合わせの演奏もある。例えば最近愉快に聴いているルービンスタインとバレンボイムのCDだが1887年生まれのルービンスタインと1942年生まれのバレンボイムが共演している皇帝だが可笑しくなるほどルビさまの悠々自適な演奏に若き(といっても現在はもう大家)バレンボイムさまが才能豊かな大きなオーケストラに仕上げて対等にからみ合っているのを聴くと不安のない自分に気付き日々築き上げてきたピアニストたちの音楽は一長一短批判してはいけないと思う。そのピアニストの人生をかけた一生は聴いていると一人ひとり深い味があり若い目指している人達も芸術は学校など関係なく本人の日々努力のみ!音楽家は尽きない夢を持ち続けてほしい!経済的に許せるかぎりに!フー  大変ですよねー!マダムより
by madamegrimm | 2006-08-05 14:13 | クラシックはお好き? | Comments(0)

ピアニスト

この度 新ブログに初登場!oyouのクラシック主観よもやま話を始めるとしよう! 昨日ドイツのソプラノ界巨匠(Frauにも使っていいのかな?)エリザベート・シュワルツコップが亡くなった。新聞によると90歳とのこと、長い人生、お疲れ様でした。昔 ある芸大出の絵描きが江戸時代に使われていた矢立で音楽会場に出向き演奏家をスケッチしていたがその中で傑作のひとつにシュワルツコップがあった!映画ではリヒャルト・シュトラウスのバラの騎士が有名だ。この世で何と美しいそして気品のある歌手なのだろうとドイツリートの素晴らしい繊細さに圧倒された。ベルリンにはクラシック音楽の溢れ出て来る音楽家が昔から集まって来るところです!あれあれ今日はピアニストというタイトルなのにそれてしもうた!ベルリンといえば数年前キーシンのシューベルトをフィルハーモニー満席の中で聴いたがシューベルトをこんなに美しく弾くピアニストはあまり聴けないなーと!Ichはあまり上手でないシューベルトは聴くとシューベルトってつまんない作曲家だなーと勝手に思い込んでしまうわる~い聴き手なのだ!あ!用事が出来ちゃった!また、後で!
by madamegrimm | 2006-08-05 12:45 | クラシックはお好き? | Comments(0)