カテゴリ:読みきかせ( 52 )

初版33話 長靴をはいた牡猫

 昨夜はシトシト雨が降っていましたが今朝は晴れわたり木々は常緑樹のみが緑をましています。

濡れた歩道は何か静けさがIchのこころに沁みてきました。

 今年度最後の6年生です。

読み聞かせを始めてまだ低学年の皆さんでしたが子どもたちの成長は目を見張ります。

自分がどんどん歳をとっていってるのですねー!

 さて今日はグリム童話では初版にしか掲載されていない‘長靴をはいた牡猫’を読んできました。

少し長めのメルヒェンでしたが皆さんは大変好意的に最後まで静かに聴いてくれました。
b0105259_9371193.jpg


 この話はグリム兄弟より100数年も前のフランスの詩人、童話作家であるペローの創作の中にも入っていてグリム兄弟は初版のみで普通の全集のなかには現在は入っていません。

ペローの作品とだぶっているのでは他に‘赤ずきん’‘青ひげ’などがあります。

語り伝えていくうちにこのようなことがおきていくのでしょうね。
[PR]
by madamegrimm | 2010-12-08 09:33 | 読みきかせ | Comments(0)

可愛い一年生!Wieder!

 今朝の山間は初冬と申しましょうか、コートを着て、えりまきをして登校です。

久しぶりの一年生に会えるので気分わくわくです。

一年生にはいつもやさしい小人さんの話を聞かせてあげたく今日も‘こびとのくつや’です。

グーテンモルゲンとお教室の戸を開けると「あ!来た来た!」と可愛い声が聞こえてきました。担任の先生もいらっしゃいました。

皆にグリム童話を読んでいるいきさつなどを話しながら、少しドイツのお話をして、絵本を読み始めましたら、みんな前の方にのりだしてきて楽しそうに靴屋さんが次々に夜中のうちに素敵な靴が出来ていく様子に驚き、お店が繁盛していく様に子どもたちは「わ~!きれい!」「あ、四足だー!」など言いながら小人さんが作っていることにこころおどらせていました。

最後にくつやさんとおくさんは、こびとさんにお礼の靴と洋服を作ってあげて、こびとさんたちは大喜びで、はだかんぼさんから「これでみんなと仲間になれるー!」と去っていくメルヒェンですが、今日も楽しんでくださりありがとう!!

 ドイツ語の‘さようなら’を教えてあげて Auf Wiedersehen!!
b0105259_102102.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2010-11-17 10:08 | 読みきかせ | Comments(0)

好きな場所

 今朝は山間で久しぶりの朝読みの日です。

前回記したグリム童話‘かえるの王さま、または鉄のハインリッヒ’というメルヒェン、小5には少し幼い気がしましたがグリムが沢山版をかさねる中でこのおはなしは第一番目として続いていること、そんな気持をお子たちに伝えたくて読んできました。

皆さんいつものように聴き入ってくれましたが初めて後部座席二人の微かに聞こえる会話が気になった日でした。

やはり成長期の5年生、みんなをひきつけるメルヒェンを読んであげなければ・・・と少々反省しながらの帰路、Ichの大好きな場所にさしかかりました。

家のすぐ傍の小道を下った先には土手にススキが連ね、小橋の木のぬくもりが光を放ち、川の流れに朝日が射して、周りの落葉樹の木々と共に秋の色が美しく輝いています。

 ブラームスの音楽が聴きたくなりました。
[PR]
by madamegrimm | 2010-10-06 10:32 | 読みきかせ | Comments(0)

急きょ2年生

 まいったなー!

予定は3年生でしたのに、小学校に着いたとたん、3年生は本日社会科見学の日とのこと!

Ichが一年の学校行事予定を見なかったせいなのでしょうか・・・、少し残念な気持ちです。

 丁度読み聞かせのお一人が急きょお休みとのことで前回に引き続き2年生のクラスに入っていきました。

みんな(あれっ?)という顔をして迎えてくれました。でも嬉しそうな顔でIchも救われましたが・・・。

グリム童話第69話‘ヨリンデとヨリンゲル’2年生には少し早いかなー?と思いきや、真面目に真剣にそしてドキドキ、ニコニコ、ハラハラと感情を顔に出して楽しんでくれました。

 又会いましょうね!
b0105259_10125931.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2010-07-07 10:05 | 読みきかせ | Comments(0)

No.48  Der alte Sultan (老犬ズルタン)の読み聞かせ

 6月に入りました。

 道行にはバラが花盛りです。
b0105259_11562411.jpg
 

 山間は新緑から深緑に変わりムンムンとした木々の香りが伝わってきます。

朝の日差しを浴びて小学校へ!今日は2年生、自然体のクラスで楽しい雰囲気で始まりました。

挿絵のないお話で大丈夫かな?と思いながら読み始めましたら、少し込み入った内容がきちんと聞き取れています。

男の子が好きそうな犬と狼の知恵と偶然がからみ合った短いメルヒェン!

読み終わっても「まだ時間がある!」「もっと読んで」とせがまれ79話の「水の精」も読んであげました。嬉しそう!

         Auf Wiedersehen!
[PR]
by madamegrimm | 2010-06-02 12:13 | 読みきかせ | Comments(0)

No.55 Rumpelstilzchen  (ルンペルシュテルツヒェン)

初めての新1年生のクラスに行ってきました。

毎年新年度になると1年生と初顔合わせをするのがIchの幸せのひとつです。

今年はご近所のお子が入られたので尚更の興味でそ~っとドアをたたき、開けました。

かわいい顔が・・、おほっ!担任の先生もいらしてみんなニコニコ顔。

いつものごとく自己紹介をしてグリム童話のいきさつを話し、1年生には初めての試み、ルンペルシュテルツヒェンを読んできました。

 小人さんが藁を金に変えるお話で粉ひきの美しい娘との交換条件で首飾りや指輪を小人にあげるのです。

昨夜、山間に戻ってアルミ箔と金の留め金でアクセサリーを作り、前に座っている可愛いお子たちに読みながら渡しました。

 何か素敵に出来たのでこれからIchもイミテーション指輪などをつけて楽しもうかしら。オホッ!

今日のお話、みんな嬉しそうに真剣に聴いて本当におりこうさんでした。

 そうそう、まだ1年生はカタカナのお勉強をしていないようでしたのでひらがなで黒板に書きましたらIchのほうがこの舌がまわらないような小人さんの名前を間違えて書いてきてしもうた・・・あ~あ・・、最後のヒェンをテンに。正しくはてんではなくひぇんでした。お許しを!ひらがなにするって難しい!   いえ、Ichの勘違いかな?

   Entschuldigen!
b0105259_110118.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2010-05-19 09:45 | 読みきかせ | Comments(0)

新年度

 この国の新年度が始まりました。

 天候不順の毎日、春の芽吹きも混乱しています。

桜の花も戸惑いながらいつまでも咲き続けてくれています。先日、ラジオを聞いていましたらJapanの桜ソメイヨシノは江戸時代からのクローン桜とのこと、そんなことを考えるとこころが辛くなります。

どんよりとした今朝の空気をかき分けて新6年生のクラスへ!

 前年度の感想文のお礼を言いながらグリムメルヒェンNo.49(neunundvierzig) Die sechs Schwa"ne(6羽の白鳥)を読んできました。
b0105259_9414364.jpg
 版画の挿絵はいつ見ても幸せを感じます。

6羽の白鳥にされた兄たちを助けるために6年もの間、一言も口をきかずゆうぜん菊で6枚のシャツを編み続ける女の子です。

ドラマが展開されていくたびに聴いているお子たちはシーンと聞き耳を立てているのがよくわかります。

小さいときに出会った顔がもうすっかり背も伸び真剣に聴いてくれている顔は分別のある優しい眼差しに成長していました。

    ありがとう!!
[PR]
by madamegrimm | 2010-04-14 09:55 | 読みきかせ | Comments(0)

今年度、最後の日

 今年度も小学校の‘読み聞かせ’が終り、皆で集まって感想や予定作りで半日を過ごしてきました。

子どもたちからは可愛い感想文を頂きいつもながらの嬉しい喜びの文集です。

毎年、いただく学年が違いますがいつも「グリム童話を聞いてから本を読むのが好きになりました。」という感想が必ず入っています。

今回のある女の子は「お元気ですか?私は、グリム童話の話がすごく大好きです。ファンタジーがあるような気がして、くるたんびに、(今日は何の話だろう?)そう思います。・・・」5年生のMさんです。

Tくんは「朝読書の日にはいつもきてくださってありがとうございます。ぼくは、グリム童話をたのしみにしていました。ぼくは、グリム童話が気に入りました。」

そして、来年も聞きたい、身体に気をつけて等などIchへの労わりの気持ちも寄せてくれて優しく育っていってくれているお子たちに乾杯!!

  Danke scho"n!!!
b0105259_15124560.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2010-03-31 15:12 | 読みきかせ | Comments(0)

No.12 Rapunzel (グリム童話)

 今朝、最後の6年生に読んできました。

初めてドイツから戻って読み聞かせを始めたクラスです。

すっかり皆さん背も伸びもうすぐ中学生になる顔です。

今回は初版の訳を読むには少しリアルにも感じられたので珍しい女流作家たちの訳の本を古本屋さんでみつけ、大庭みな子訳「ラプンツエル」を聴いてもらいました。

このクラスはいつも本の世界が大好きな表情をして聞き入ってくれるのです。心の優しい学年で今日も最後まで目を輝かして聴いてくれました。

 高い塔にむかって

‘Rapunzel, Rapunzel,       ラプンツエル、 ラプンツエル
laβ mir dein haar herunter.'     おまえの髪の毛 下げておくれ

この言葉が何度もでてきますが二回目からドイツ語で読んであげました。

訳した大庭みな子の経歴もちょっと話し、いろいろな生き方の話も少しして、Auf Wiedersehen!チュース!

  素敵な大人になってほしい!!
b0105259_11113581.jpg

[PR]
by madamegrimm | 2010-02-24 11:11 | 読みきかせ | Comments(0)

大好きなお話

 可愛い3年生!

 2日前から凍てついている関東周辺、昨夜遅く山間に着きました。

駅のまわりは霧に覆われ「うわ~!寒い!」

いつも置いている駐車場の車は窓ガラスいっぱいに雪で凍っています。

しばしエンジンをかけ、待つこと5分、いっこうに溶けないので布を持ち出し徐々に落としていきました。

ようやく前方が見えるようになりましたので山間へ出発!
40キロ以下でゆっくり走っていましたら突然、車の屋根の雪がドサッ!

窓ガラスの三分の一をふさいでしまいました。

他の車は一台も走っていなかったのでそのまま少し走ってワイパーでドサッドサッ、参ったなーと思っているところで又上からドサッ!

いやはや我家に辿り着くまでに上下、右左、のろのろと冷え切った道を綱渡りのごとく走って来たのでございます。ハイッ!

 そう、今朝は大好きな3年生と大好きなお話「ヨリンデとヨリンゲル」を読んできました。

 庭のモミの木も雪を楽しんでいます。
b0105259_1091851.jpg
b0105259_10144868.jpg この本はドイツ・カッセルのグリム館で購入したものです。
魔女の館の挿絵ですがIchはあまり気に入っていないのです。Entschuldigen!
[PR]
by madamegrimm | 2010-02-03 10:09 | 読みきかせ | Comments(0)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧