Oyo-の日々

grimm.exblog.jp

私の日常(madame grimm)

2017年 05月 07日 ( 1 )

神保町へ

地下鉄のエレベーターを降りると真正面に学士会館が見える。

b0105259_625446.jpg


erste Hochzeitであった場所・・・今は内田樹氏がよく泊まっていらっしゃるようです。

淋しい人生の19年であった。二人の子供を必死で育てた。絵描きというエゴの世界に付き合って・・・

村上春樹氏の「騎士団長殺し」のと同じで、4月の新潮社新刊で川上未映子さんが村上春樹氏との対談集『みみずくは黄昏に飛びたつ』を読み、時間をかけて人生を歩んでいる春樹氏を垣間見られあらためて親しみが感じられ、ただのインタビューではあらないのでした。

そして川上未映子さんの本が読みたくなり古書でみつけてきました。

芥川賞受賞作の『乳と卵』、おかしな題名ですねー。大阪弁の口語調で関東人は読むのに大変です。

おもしろい方です。村上春樹氏との対談から少し連想してしまう彼好み女性かな?

村上氏は言っています。物語の「善性」の根拠は何かというと、要するに歴史の重みなんです。・・・・・・・・遥か昔の洞窟の中にまでしっかり繋がっています。と。そして人は森の奥にこもって物語を語り継ぐんです。とも。

Ichの読んできたグリム童話にも繋がります。

善き人生を送りましょう。

古書でもう一冊

b0105259_7111466.jpg


次々回に・・・
[PR]
by madamegrimm | 2017-05-07 07:11 | 人間 | Comments(2)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou