2017年 02月 04日 ( 1 )

劇的シューマンの出だし

 節分が過ぎてもまだまだ激寒、今朝は寒さを吹き飛ばすためにシューマンのピアノ・コンチェルトA minorをマルタ・アルゲリッチの演奏で聴きながら掃除機を翔る。

駆け巡りましたので春の光で寒さをまさに翔るのでした。

毎日毎日いろいろな事があり、このピアノ協奏曲のように波風、浮き沈み、アルゲリッチの感情等、入り混じったシューマンを聴いていると人間の力を信じようよ・・・と言っているよう。

アーノンクールの指揮で1992年頃の録音、アルゲリッチの演奏が少々ピアノに慣れ過ぎている感なきにしも・・・で演奏家の波の感情が聞こえてくるようです。

同じ版にヴァイオリン・コンチェルトD minorも入っていてこちらも激するギドン・クレメルの演奏です。

シューマン先生の苦しみ哀しみが伝わってきます。

人間はどこまで生きたら良いのか・・・生きる苦しみが私に襲ってくる。

本と音楽に助けられています。
[PR]
by madamegrimm | 2017-02-04 11:50 | クラシックはお好き? | Comments(2)