2013年 01月 29日 ( 2 )

第153話 「星の金貨」 グリム童話 日本語版

 昔、小さな貧しい女の子がいました。
お父さんとお母さんは死んでしまい、いませんでした。
住む家も、眠るベッドもなく、この世の中で持っているものといったら、身に着けている服と、あわれに思った人がくれた一切れのパンだけでした。
けれども女の子は、とても信心深く気立てのいい子でした。
 そこで女の子は出かけていきました。
そして途中にひとりの貧しい男に出会いました。
男は、女の子に何か食べ物をくれ、としきりにたのみました。
そこで女の子は男にあの一切れのパンをあげました。
それからさらに歩いていくと、ひとりのこどもがやってきて言いました。
「頭が寒くてたまらない。まわりに巻きつける物をおくれよ」。
そこで女の子は帽子をぬいでその子にあげました。
そしてさらに少し歩いていくと、またひとりの子どもがやってきましたが、その子は胴着を着ていなかったので、女の子は自分のをその子にあげました。
さらに歩いていくと、ひとりの子どもがスカートをくれ、と言うので、その子にも自分のをあげました。
女の子はしまいに森へやってきました。
とっくに暗くなっていました。
するとまたひとりやってきて、肌着をくれ、と言いました。
そこで心やさしい女の子は、暗い夜だもの、肌着をあげたってかまわないわ、と考えて、肌着をあげました。
 すると天からにわかに星がいくつも降ってきました。
それはみな光り輝くターラー金貨でした。
そして肌着をあげてしまったのに、女の子はまた肌着を身につけていました。
それもこれ以上ないほど上等なリンネルでできていました。
それから女の子は金貨を拾い集めました。
 そして一生、幸せな毎日をおくりました。
[PR]
by madamegrimm | 2013-01-29 17:29 | グリム童話ってすごい | Comments(0)

No.153 Die Sterntaler  グリム童話

Es war einmal ein Kleines Mädchen, dem war Vater und Mutter gestorben, und es war so arm, daß es kein Kämmerchen mehr hatte, darin zu wohnen, und kein Bettchen mehr, darin zu schlafen, und endlich gar nichts mehr als die Kleider auf dem Leib und ein Stückchen Brot in der Mand, das ihm ein mitleidiges Herz geschenkt hatte. Es war aber gut und fromm. Und weil es so von aller Welt verlassen war, ging es im Vertrauen auf den lieben Gott hinaus ins Feld. Da begegnete ihm ein armer Mann, der sprach 'ach, gib mir etwas zu essen, ich bin so hungerig.' Es reichte ihm das ganze Stückchen Brot und sagte 'Gott segne dirs,' und ging weiter. Da kam ein Kind, das jammerte und sprach 'es friert mich so an meinem Kopfe, schenk mir etwas, womit ich ihn bedecken kann.' Da tat es seine Mütze ab und gab sie ihm. Und als es noch eine Weile gegangen war, kam wieder ein Kind und hatte kein Leibchen und fror: da gab es ihm sein; und noch weiter, da bat eins um ein Röcklein, das gab es auch von sich hin, Endlich gelangte es in einen Wald, und es war schon dunkel geworden, da kam noch eins und bat um ein Hemdlein, und das fromme Mädchen dachte 'es ist dunkle Nacht, da sieht dich niemand, du kannst wohl dein Hemd weggeben,' und zog das Hemd ab und gab es auch noch hin. Und wie es so stand und gar nichts mehr hatte, fielen auf einmal die Sterne vom Himmel, und waren lauter harte blanke Taler: und ob es gleich sein Hemdlein weggegeben, so hatte es ein neues an, und das war vom allerfeinsten Linnen.
Da sammelte es sich die Taler hinein und war reich für sein Lebtag.

b0105259_135386.jpg
                                        星の金貨
[PR]
by madamegrimm | 2013-01-29 13:03 | グリム童話ってすごい | Comments(0)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧