日本橋高島屋まで

 寒波の影響で日本海側の大雪には恐怖を感じるくらいです。どうぞ呉々もお気をつけくださいませ。

その新潟の親戚より「興福寺の寺宝と畠中光亨展」のチケットを戴き早速足を運びました。

久しぶりの日本橋高島屋、真正面に早やお雛さま

b0105259_1024362.jpg


8階に上がると会場には沢山の人がチケットを求めて並んでいました。今の時代を繁栄しています。

仏教画家でもいらっしゃる畠中光亨氏は奈良県のご出身で興福寺とも繋がりがおありになる方のようで大谷大学で学び、自覚的な仏教者で京都で日本画を学ばれ、日本画の本質として写生を通してより美しい形と色を表徴的に表現することを望みながら、インドへ赴いての画業を進めて行かれた日本画家です。

独特の僧侶たちの姿が印象的です。

画集を求め展示されていない作品も紹介されていて木々の描写に魅力を感じます。

下に降りて久しぶりの高島屋地下街、懐かしきフォーションをみつけました。

パリに居た頃、まさにフォーションブームでショッチュウ日本からの来客を連れてお土産品を買いに行ったものです。

懐かしさに釣られチーズバケット類を求める。

b0105259_10433297.jpg


今年から益々の倹約をしなければいけない‘懐の寒さよ’なので、そのフォーションの紙袋のみを持って外に出る。

さて、どちらへ向かえば・・・明治屋の方へ歩き新しい京橋ビル街に入って軽いランチをとり、裏口の方から東京駅方面に向かう。

あー、とうとう私も方角の錯覚を起こすようになったのでしょうか、何故か宝町という辺りに歩いてきてしまっているのです。

宝町???来たことがありません。交差点にいた方に「この信号を渡った向こうの先は東京駅ですね?・・・」と聞いてしまいました。
その方、大変親切な男性で「いえ、違います。戻って先の信号を左の方向が東京駅です。ここは一応京橋でもありますが」と、教えてくださいました。

あ~あ、また歩かねばなりません。かなりファティゲ!

出ました、日本橋三丁目交差点に。

b0105259_1112586.jpg


ふー、東京は広い!

約8000歩、よく歩いて、塩分摂り過ぎの食事(ランチが問題)に口の中の不快さよ・・・の今朝です。

もうあのビルには行かない、と思った私なのでした。
[PR]
Commented by k_hankichi at 2017-01-14 12:01
たくさん歩かれましたね~!
絵画や味わいを楽しみ、宝の町に出ずる。町はどんどん変化していきますよね。
Commented by Oyo- at 2017-01-14 12:41 x
はんきちさま 本当に長く生きているとこの世の変化に戸惑う日々になってきました(^_^;)
by madamegrimm | 2017-01-14 11:13 | 未分類 | Comments(2)