木版画家『海野光弘』について

 最近新聞配達をお断りして自分の読みたいZeitungを買うことが多くなりました私、朝刊はコンビニのどこでも置いてありますが夕刊は駅の周辺の売店でしかなく、夕刊の好きな私は運動も兼ねて遠路まで足をのばすのでした。

そんな日々、昨日の朝刊に‘本音のコラム’という欄に斉藤美奈子女史が静岡県出身の木版画家、海野光弘のことを書いていられて目が離れませんでした。

「不世出の版画家」と題して、江戸から23番目の宿場町静岡県島田市・島田宿(東海道53次の)に島田市博物館分館・海野光弘版画記念館で未知の版画家と出会った強烈な印象を記していられるのです。

ほほー、なるほど、評論で大ご活躍の美奈子女史もご存知なかったのか・・・と。

海野光弘は静岡市で1939年に生まれ享年39歳。古い民家をモチーフにした作品が多く日本のこころと言われる落ち着いた作風です。

20年以上前でしたでしょうか、私も木版画をかじったことがありその時の先生が同じく静岡ご出身の方で海野氏の作品を教えてくださいました。

発売になったばかりの海野光弘版画集作品群を見て斉藤美奈子女史ではありませんが、〈キャー、これって、ちょっとよくない?〉(本音のコラムに記してある言葉)と惹かれ、その画集とはがき大の作品を私も買わせていただいたのでした。

山間の家に飾ってあります。近々行きますので写真に撮ってきてここに載せようと思っております。

それに致しましても斉藤美奈子女史、今日の夕刊にも‘大波小波’にご登場、ご活躍です。

作品集より『波紋映』と『秋露』
b0105259_22155835.jpg

b0105259_23362538.jpg

そして我が持物
b0105259_22181255.jpg

b0105259_22215989.jpg

 ほのぼの^^
[PR]
Commented by k_hankichi at 2014-09-26 07:20
海野さんの版画、見てみたいな。
Commented by およう at 2014-09-26 09:45 x
はんきちさま はい^^ これからちょっと出かけてきます。
Commented by maru33340 at 2014-09-26 12:41
島田は僕の勤務先から近くです。
今度行ってみたいと思います。
Commented by およう at 2014-09-27 20:06 x
maruさま 今、山間に来ていて作品集を広げておりますがあらためて味のある木版の世界と・・・見入っています。是非にお近く・・・観に行らしてくださいませ^^
by madamegrimm | 2014-09-25 21:19 | 人間 | Comments(4)

私の日常(madame grimm)


by madameoyou
画像一覧